【続報】藤本理希ちゃん行方不明時の食生活が明らかに!現在の様子も気になる!

事件・事故

藤本理希ちゃんが創作ボランティアの尾畠春

夫さんに保護されてから早2日

 

現在、注目されているのは、若干2歳の藤本

 

「理希ちゃんは行方不明の間、どうしていた

のか?」

ということでしょう。

 

とはいうものの、まだ2歳の藤本理稀ちゃん。

行方不明時のことを聞き出すのは、時間がか

かることでしょう。

 

そんな中、僅かながら、行方不明時がわかっ

てきているようです。

→尾畠春夫さんのWIKIプロフのまとめ!Twitterで経歴やプロフェッショナルな捜索ボランティア実績に喝采!

スポンサードリンク

みなさんこんにちは☆

yo-mu-inkoです.

では早速、藤本理稀にちゃん、行方不明時

について迫ります!

藤本理稀ちゃんが行方不明になったには8月15日から3日間だった

出典:https://soratoburin.com/jiji-fujimoto-yoshiki-yukuehumei1/

まずは、藤本理稀ちゃんが行方不明になっ

た時の報道をおさらい。

路面が舗装されていない道を外れ、右手の雑木林に入り込む。林の中をそのまま数十メートル進むと、岩がごろごろある沢にたどり着いた。ちょろちょろとした流れは深さ5センチ程度。ここで見つかった理稀ちゃんは、こけむした岩に座って素足を水につけていたらしい。岩の下付近には、子どもの足跡らしきものが残っているのが確認できた。

沢の水は透明で冷たかった。周囲は木々で日差しが遮られて薄暗く、時折涼しい風が吹き抜ける。ここで一人で夜を明かすのは、どんなに心細いことだったろうか。

県警柳井署によると、理稀ちゃんが行方不明になったのは12日午前10時半ごろ。祖父と兄と3人で海に向かう途中、曽祖父宅から100メートルほど歩いたところで1人で家に引き返した。理稀ちゃんが家から20メートルほどのところまで行ったのを祖父が確認したのを最後に、行方がわからなくなった。

最後に目撃された地点からは、発見された雑木林がある山に向かって上り坂が続く。幅は車1台がやっと通れるほど。途中からは路面の舗装も無くなり、落ち葉や泥が足に絡みつく。道の両脇には果樹が植えられた茂みや草地の合間に数軒の住宅があった。草の茂った傾斜地になっている場所もある。理稀ちゃんは曽祖父宅に向かわず、この坂道を進んでしまったとみられている。

出典:朝日新聞デジタル

今年は、例年になく、各地で異常気象だった

日本列島。

 

連日、各地で猛暑続き、熱中症で救急搬送さ

れたり、残念ながら命を落とす人が続出する

という日々が続いていました。

 

そんな中、山口県の周防大島町の海に近い場

所から、2歳という本当に幼い男の子が行方

不明に。

 

名前は、藤本理稀ちゃん、

行方不明当時は1歳で、数日後にやっと2歳

になった男の子でした。

 

祖父と兄弟とで早朝に海岸へ。

ですが、理稀くんはお母さんがいなかったこ

ともあり、曽祖父の家に帰る、と言い出し、

一人で歩いて行きました。

 

祖父は曽祖父の家は、まっすぐ歩いていった

ところにある為、迎えに出ていた母親と途中

で出会うものと思っていました。

 

ですが、母親とは会わず、そのまま3日間、

行方不明となりました。

 

この話を耳にした時、連日の猛暑で、2歳

という幼い子の命は極めて危ないだろうと

思いました。

正直、行方不明から2日をすぎた時点で、

不謹慎ですが

「もうダネなのではないか?」

と思ってしまいました。

 

しかし、奇跡が起こったのです!

→藤本理稀ちゃん発見!場所や発見者は?事件性はあるのか?前日に母親が呼びかける【山口県・周防大島・行方不明事件】

スポンサードリンク

奇跡!尾畠春夫さんが発見!男性は捜索ボランティアでプロフェッショナルだった!

15日の早朝、捜索ボランティアとして捜索

に当たった大分県に在住の尾畠春夫さんが、

曽祖父の家から500メートル上の山の中の

沢で理稀ちゃんを発見したのです!

出典:https://www.asahi.com/articles/ASL8H5VCPL8HTIPE025.html

後にわかることですが、理稀ちゃんを見つけ

た尾畠春夫さんは、以前、行方不明の女の子

を見つけ出したとう凄い方でした。

 

尾畠春夫さんは長年の経験から、

「子供は上に登る主星がある為、理稀ちゃ

んも自宅を過ぎ、上の方に居るはず」

と確信。

 

そして、理希ちゃんの名前を呼びながら探し

ていたところ、理希ちゃんの

「おいちゃん、ここ!!」

という返事で、沢の近くでうずくまっていた

理稀にちゃんを発見し、保護しました。

 

発見当時の理稀ちゃんは、裸足で下半身には

何もつけていない状態だったそうです。

 

そして尾畠春夫さんは持っていたバスタオル

で覆い、理希ちゃんを抱いて、母親の待つ曾

祖父の自宅へ帰って行きました。

 

それにしても連日の炎天下の中、無事に生き

ていたことは奇跡ですね!!

スポンサードリンク

藤本理稀ちゃんが行方不明時のことが徐々に。

尾畠春夫さんが、理稀ちゃんを発見時、元気

で、自宅に戻ると、祖母や母親と会話してお

り、元気な様子はでしたが、念の為、病院に

運ばれ、入院となりました。

出典:https://www.asahi.com/articles/ASL8H5VCPL8HTIPE025.html

元気な様子の理希ちゃんでしたが、やはり

い脱水症状が見られた為、点滴を行いました。

 

また、理稀ちゃんの検査の際、レントゲンを

撮ったそうですが、食べものの影が無かった

と言います。

 

ということは、当然、見つかるまでの間、何

も食ベていなかったということになります。

 

理稀ちゃんは、沢の近くにうずくまっている

ところを発見された、とうことですから、沢

の水だけで、約3日間を過ごしたということ

なのでしょうか?

スポンサードリンク

藤本理稀にちゃんの現在の様子は?

理稀ちゃんは、すっかり元気な様子。

ゼリーやおかゆを食べています。

 

また、ベットから立ち上がることはもちろ

ん、面会に訪れる母親に甘えたりしている

そうです。

 

無事に見つかり、回復した理稀ちゃん。

本当に良かったと思うのですが、やはり

たちが一番不思議に思うこと。

 

それは

「2歳になったばかりの男の子が、この連日

の炎天下の中、3日間はどのように過ごして

いたのか?」

ということ。

 

警察は、医師と相談した上で、行方不明中、

どのように過ごしていたのか、理希ちゃんに

聞く予定なのだとか。

 

2歳の男の子がどこまで話せるのか。

怖い思いもしているでしょうから、聞き出す

ことは時間がかかることでしょうね。

 

現在のところ、理希くん行方不明に事件性は

無い、と警察は見ていると報道されています。

 

きっと、理稀くんが病院を退院する歳、マス

コミが押しかけるのでしょうね。

私個人の意見では、できればそっとしてあげ

てほしいところです。

 

今後、新しい情報があれば追記して生きたい

と思います。

 

では本日はこの辺で。

みなさん本日もご訪問いただきまして

ありがとうございます。

またのご訪問をお待ちしております。

コメント