北海道でM6,7大地震の恐怖!原発は大丈夫か?安平町で大規模土砂崩れ発生も安否確認難航

台風・地震・自然災害

台風21号で地盤が緩んでいるところへ、

北海道で大規模地震が発生!

 

震源地に近い安平町では大規模な土砂崩れ

が発生。

 

広範囲に崩れてきた土砂で、建物が押し流

されています。

 

上空からの報道では、人影も見えたのです

が、地震のために通信も途絶え、道路も土

砂で車が進めず、住民の安否確認が遅れて

います。

 

また、北海道各地で被害も。

そして原発は大丈夫なのでしょうか?

スポンサードリンク

みなさんこんにちは☆

yo-mu-inkoです。

では早速、北海道の大規模地震について迫

ります!

北海道でM6,7地震が発生!震源地や各地の震度は?

北海道で9月6日午前3時7分に起きた大規

模地震の震度はこちら。

この時の報道では、震源の深さは約40㎞と

されていましたが、36㎞に訂正されていま

す。

→北海道で震度6の被害や原発の状況に海外メディアも速報で関心示す

また、この時点では、震源に近い安平町(あ

びらちょう)の震度がわからない状態でし

たが、震度6であること。

 

この安平町が深刻な状態になっているよう

です。

スポンサードリンク

震度6の安平町や厚真町で広範囲な土砂崩れ。場所や画像は?

夜が明けると報道で、安平町や厚真町(あつ

まちょう)の上空からの報道が。

 

安平町の場所と様子がこちら。

画像はこちら。

そして、厚真町も土砂崩れが発生しています。

厚真町は安平町のすぐ右下に位置しています。

その厚真町の土砂崩れがこちら。

土砂が民家を押し流していることがわかりま

す。

→関空連絡橋にタンカー激突!宝運丸の画像や現場は?乗組員は無事も救出難航、停泊中に流される

安平町よりも厚真町の土砂崩れの方が民家へ

の被害が大きいように思われます。

 

この上空からの報道時に青い屋根の家の住民

らしき人影がありましたが、住民は全員無事

なのでしょうか?

 

AM7時20分過ぎ現在、自衛隊が救助に取

り掛かっています。

 

また、5人の生き埋め、12人が安否確認不

とのこと。

 

土砂災害に見舞われた住民の方の安否確認が

急がれます。

スポンサードリンク

北海道の原発やライフライン、交通機関の状況

大規模な地震となると、“東日本大震災”以降、

原発に影響はないのか、と言うことに注目が

集まります。

北海道の泊(とまり)原発の場所と状況

北海道の泊(とまり)原発についてはこちら。

原子力規制委員会北海道電力によると、6日未明に北海道で発生した地震により、北海道電力泊原発(北海道泊村)の外部電源が喪失した。ただ、1~3号機は再稼働に向けた規制委の審査中で運転を停止しており、原子炉内に核燃料はない。非常用ディーゼル発電機により、燃料プールにある使用済み核燃料の冷却は継続している。6日午前4時現在、異常は確認されていないという。ディーゼル発電機の燃料は、少なくとも7日分は確保されているという。

出典:朝日新聞デジタル

泊原発の場所はこちら。

もう少しわかりやすい画像がこちらです。

出典:朝日新聞デジタル

札幌の左の方に位置しています。

この泊原発は、数年前に再稼働について審査

されていた原発です。

出典:http://becquerelfree.hatenadiary.jp/entry/2018/05/07/221823

その結果、再稼働されることは当面なくなっ

ていました。

 

今回の大地震のことを考えると、再稼働して

いなくて良かったと言えるのではないでしょ

うか。

スポンサードリンク

ライフラインや交通機関の状況

北海道電力によると道内すべての火力発電所

が停止。

約293万戸が停電しています。

 

そのため、水力発電所が復旧したため、そち

らから火力発電所に電力を供給。

発電の再開予定です。

 

交通機関のJR北海道は道内全面的に運休。

復旧のめどは立っていないと言うこと。

 

千歳空港では天井や壁が剥がれ、天井からは

水が漏れている状況

 

このことにより、終日全便欠航を決めていま

す。

なお、滑走路に異常はないと言うことです。

→瀬戸大橋でトラック横転で運転手や状況は?台風21号が猛威を振るう現場をムーディー勝山がTwitterに!

今回の地震は、内陸で起き、さらに大規模。

夜中の発生ということで、被害状況が明らか

になるのはこれからでしょう。

 

住民の皆さんの安否が心配です。

一刻も早い救助と復旧が望まれます。

 

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問いただきまして

ありがとうございました、

またのご訪問をお待ちしております。

コメント