北海道で陸自隊員が不明の場所や身長、服装は?銃を所持も実弾持たず、1500人で捜索

事件・事故

“陸士長が銃を持ったまま不明に!”

 

なんとも物騒な事件です。

陸自隊員が訓練中に行方不明に。

 

実弾は入っていないというものの、

小銃を所持しています。

 

一体何が原因で行方をくらませたのでしょう。

 

やはり、訓練が厳しく、耐え難かったのでし

ょうか?

スポンサードリンク

みなさんこんにちは☆

では早速、陸自隊員が不明事件に迫ります!

陸自隊員が銃を持ち不明になる

陸自隊員が銃を持ち不明の報道がこちら。

陸上自衛隊第7師団(北海道千歳市)は11日、恵庭市の北海道大演習場島松地区で同日実施していた訓練中に、第71戦車連隊の陸士長の男性隊員(22)が小銃と銃剣などを持ったまま行方不明になったと発表した。実弾は所持していないという。師団が1500人態勢で捜索している。

出典:毎日新聞

事件があったのは、10月11日の午後1時頃。

射撃訓練に参加していた昼食後の出来事。

 

陸士長の22歳男性は

「トイレに行く」

と言ったまま、戻ってこなかったという。

 

訓練は中断。

北海道警千歳署や周辺自治体に通報し、師

団1500人で捜索にあたっていますが、

未だ行方がわからないまま。

 

実弾や弾倉は所持していないということです

が、ちょっと心配ですね。

スポンサードリンク

陸自隊員が不明の場所や身長、服装は?

陸自隊員が不明になった場所

北海道恵庭市の北海道台演習場

島松地区。

演習場とはいうものの、周りにはゴルフ場や

公園など、一般人が利用する施設も多く、何

かあった場合が心配ですね。

 

不明になっているのは、第71戦車連隊所属

の陸士長。

 

陸自隊員の身長や服装がわかっています。

 

身長は約170㎝で体重は60kg。

男性にしては少し痩せ型でしょうか。

 

服装は、迷彩服にヘルメット姿。

小銃や刃渡り約30㎝の銃剣と防護マス

クも所持しているとのこと。

 

実弾は所持していないとはいうものの、

銃剣を所持というのが怖いですね。

スポンサードリンク

陸自隊員不明に対して山本雅史連隊長が謝罪

山本雅史連隊長は今回の事件について

「地域の皆さまに不安とご迷惑をおかけし、

深くお詫び申し上げる。

全力で捜索し、一刻も早く発表したい」

とコメントしています。

 

何事もなく事件が解決することを願うばかり

です。

 

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問いただきまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。

 

【追記】

行方不明の陸自隊員が、不明から約9時間後

の午後10時頃に見つかりました。

 

男性隊員は演習場内にある古い装甲車の中に

いたそうです。

 

怪我もなく、武器もそのままで、使用した

形跡もなかったとのこと。

 

今後、不明になった件について、調査する

とのことです。

コメント