スポーツ

井村久美子は結婚し旦那や現在の職業は?末續慎吾が勝てない理由や消えたのはなぜ?【消えた天才】

更新日:

井村久美子さんは末續慎吾さんが“勝てない”と悟らせた選手

今回、6月23日放送『消えた天才』に出演します。

そんな凄い井村久美子さんは突如、表舞台から姿を消してしまうことに。

のちに陸上の世界に戻ってくる井村久美子さんですが、一体何があったのでしょう。

そして井村久美子さんの成績や今現在、どのような職業や生活を送っているのでしょうか。

これらについてや井村久美子さんの年齢やWIKIプロフィールなどもご紹介いたします。

井村久美子が消えた理由や末續慎吾が勝てなかったとは?

井村久美子さんは末續慎吾さんに“勝てない”と悟らせた凄い選手。

そんな凄い選手なのに突如と姿を消してしまいます。

末續慎吾が井村久美子に“勝てない”とは?

井村久美子さんは末續慎吾さんに“勝てない”と悟らせた選手

当時、小学生時代の末續慎吾さんは全国大会で活躍するほどの井村久美子さんと同じく走り幅跳びの選手でした。

末續慎吾さんは、ある試合で井村久美子さんの跳躍を目の当たりにし、

「勝てない」

と悟った言います。

末續慎吾さんと井村久美子さんは同い年ということで小学生同士だったはずですが、幼いながらも何かを感じたのでしょうね。

そして末續慎吾選手は短距離に転向したのです。

実際に井村久美子さんは、驚くような成績を残すこととなりました。

井村久美子が消えた理由は?

井村久美子さんはその跳躍で当時全国大会で活躍していた末續慎吾さんを走り幅跳びから短距離走へ転向させた凄い選手。

ですが、突如として姿を消してしまうのです。

その理由とは・・・

プレッシャーによる過食症

井村久美子さんの活躍がめまぐるしかったのは中学から高校にかけて。

高校は寮生活の『日本大学山形高等学校』へ。

環境が変わったことや、まだ10代の少女に周りからの期待は相当なプレッシャーが過食症を引き起こしたのでしょう。

この後、『仙台育英高等学校』に転校し、再起を図りますが、思うように記録も伸びず、姿を消してしまったのです。

そんな辛い経験をした井村久美子さんでしたが、『福島大学』や就職した『スズキ』で陸上選手として活躍しています。

井村久美子の現在は結婚し、旦那や職業は?

[ad#1]

井村久美子さんは、2008年に結婚

2013年には現役を引退

2017年に長女が誕生しています。

井村久美子の現在は結婚し、旦那は?

井村久美子さんが結婚した旦那さんですが、中学時代から大学まで陸上選手として活躍。

名前は井村俊夫さん。

年齢は井村久美子さんより2つ年下

出身地は兵庫県西宮市。

『明石市立明石商業高校』から『筑波大学』へ。

卒業後は陸上を引退し、一般企業に就職しています。

種目は棒高跳び

高校時代は“インターハイ連覇”、そして“世界ユース選手権”、“世界ジュニア選手権”などで入賞を果たすほどの凄い選手。

井村久美子さんとの出会いは“鈴鹿サーキット”の運営の仕事がきっかけ。

のちに井村久美子さんの専属コーチになるべく一般企業を退職し、2013年には『イムラアスリートアカデミー』を設立し、代表取締役になっています。

井村久美子の現在は職業に就いている?

井村久美子さんは旦那さんの『イムラアスリートアカデミー』で講師として活躍しています。

・住所

〒513−0814

三重県鈴鹿市東玉垣町2555番地−15号

・TEL

059−358−3941

(受付時間:10:00〜20:00)

※アカデミー専用

080−7707−3223

こちらのアカデミーのコンセプトは・・・

楽しむが勝ち!楽しんで得たその力は、夢を叶えるエネルギーになる!

I.A.Aの指導は競技において好成績残すことよりも、運動を通じて社会性を身につけ、豊かな人間に育つことを目標としています。そのため、従来型の指導形式にとらわれず、様々なシーンで応用できるような心理(メンタル)や思考(マインド)の指導にも力を入れています。

出典:『イムラアスリートアカデミー』公式HP

詳しくは『イムラアスリートアカデミー』公式HPをご覧くださいね。

もっと詳しく!→『イムラアスリートアカデミー』HP

井村久美子の成績

[ad#1]

井村久美子さんの成績をご紹介です。

主な成績

・小学5年 走り幅跳び 4m46

・小学6年 走り幅跳び 5m18

・中学1年 走り幅跳び 5m97(12歳年齢別世界記録)

・中学3年 3種目で日本中学記録樹立(種目:走り幅跳び・100mハードル・100mジュニハードル)

・1997年 『全国高校総体』2位

高校時代ベスト 走り幅跳び 6m14

・2000年 『世界ジュニア選手権』3位(6m43)

・2001年 『世界選手権』11位(6m49)

・2006年 日本記録樹立(6m86)

・同年 『アジア大会』優勝(6m81)

・2008年 『北京オリンピック』出場(6m42)

・2010年 『日本選手権』優勝(6m31)

・2011年 『日本選手権』優勝(6m39)

・2013年 現役引退

思うような成績が出ずに苦しんだと思いますが、それでもとても素晴らしい成績ですね。

井村久美子の家族も凄かった!

[ad#1]

井村久美子さんは、末續慎吾さんを勝てないと、思い知らせた凄い選手です。

井村久美子さんを調べてみると、家族も凄かったことがわかりました。

・祖父

1940年『東京オリンピック』陸上競技男子110mハードル選手の代表候補

・父親

元『仙台育英高等学校』陸上競技部コーチ

祖父もハードル選手だったんですね。

父親も何らかの競技をされていたと思うのですが、情報はありませんでした。

井村久美子さんは幼い頃から父親の指導の元、陸上競技の練習に励んでいました。

井村久美子の年齢やWIKIプロフィール

井村久美子さんの年齢やWIKIプロフィールのご紹介です。

出典:『イムアスリートアカデミー』HP

井村久美子さんはこんな人

・名前 井村久美子

・旧姓 池田久美子

・生年月日 1981年1月10日

・出身地 山形県酒田市

・身長 166㎝

・体重 53kg

・最終学歴 『福島大学』

・競技種目 走り幅跳び・100m障害走(ハードル)

・資格 『日本陸上競技連盟普及委員』・『国際陸上競技連盟公認レベルⅠコーチ』・『日本陸上競技連盟公認ジュニアコーチ』・『三重大学』非常勤講師(フィットネス)・『日本メンタルトレーナー協会』代表理事

井村久美子さんの年齢は38歳(2019年現在)

陸上を始めたのは小学2年生の頃から。

父親とマンツーマンで練習に励んだと言います。

まとめ

[ad#1]

井村久美子さんの記録は凄いものでしたね。

トラブルがなければ、もしかするともっと凄い成績をおさめていたのではないかと思うと少し残念ですね。

それは井村久美子さんご本人が一番強く思っているかも知れません。

現在では、結婚し、子供も生まれて平穏な生活を送っているようで良かったですね。

今後は、旦那さんとともにスポーツ(陸上)の楽しさを一人でも多くの人々に伝えていってほしいと思います。

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問いただきまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。



-スポーツ
-, ,

Copyright© いろいろ知りたいブログ☆ , 2021 All Rights Reserved.