【衝撃】女優バネッサ・マルケスを警官が射殺!現場や原因は精神疾患で現在苦しんでいた?

事件/速報

人気女優を警官が射殺!

 

とてもショッキングな事件がアメリカで起こ

りました。

 

射殺されたのはER緊急救命室』に出演し

たことのある人気女優のバネッサ・マルケス

さん。

 

自宅で警官に射殺されました。

 

一体彼女に何が起こったのか?

スポンサードリンク

みなさんこんにちは☆

yo-mu-inkoです。

では早速、警官に射殺されたバネッサ・マル

ケスさんについて迫ります!

女優バネッサ・マルケスを警官が射殺の報道について

女優バネッサ・マルケスさんが警官に射殺

れた報道を見てみましょう。

人気ドラマシリーズ「ER」に出演していたアメリカの俳優、バネッサ・マルケスさんが8月27日、警官に射殺されていたことが分かった。警察発表によると、安否確認のためにカリフォルニア州サウスパサデナのマルケスさん宅を訪れた地元警察の警官が、銃のようなものを向けられたため発砲。だが、マルケスさんが持っていたのは空気銃だったという。

警官がマルケスさんの自宅に着いたとき、マルケスさんは発作が起きており、警察の報告によると、「(警官に)非協力的で、自分をケアできない状態にあったようだった」と言う。精神衛生的な問題を抱えていた可能性が指摘されている。

警官から呼ばれた地元の精神科医が、治療を受けるよう説得を試みた。1時間半以上たった後、マルケスさんが武器のようなものを取り上げ、警官に向けた。

「それは空気銃だった。半自動銃のようにみえた」と警察。

警官から銃で撃たれたマルケスさんは、地元の病院で亡くなった。地元テレビ局「KABC」のニュースによると、胴部分を撃たれていたという。

マルケスさんは「ER」の第1シーズンから第3シーズンまで登場した看護師ウェンディ・ゴールドマン役で知られる。

出典:ハフポスト日本版

なんとも痛ましい事件です。

現場となったカリフォルニア州サウスパサデナはこちら。

地元の精神科医が治療をするよう説得してい

た、とあるので精神に関わる何かを患ってい

たことが伺えます。

 

精神衛生的な問題”という表現がわかり難い

ところです。

スポンサードリンク

バネッサ・マルケスのWIKIプロフや経歴

出典:Twitter

⚫︎名前 バネッサ・マルケス

⚫︎生年月日 1968年12月21日

⚫︎生まれ アメリカ合衆国カリフォルニア州

ロサンゼルス郡

 

バネッサ・マルケスさんは1988年から女

優活動を始めます。

 

女優としての主な経歴は1992年に『隣の

サインフェルド』のエピソード『チーパーの

手紙』でキューバ大使館の事務局長役と出演。

その後『落ちこぼれの天使たち』でブレイク

します。

 

1993年には『ブラッド・イン・ブラッド

・アウト』や『風とともに去る20ドル!?』

に出演。

 

人気テレビ番組『メルローズ・プレイス』や

『マルコム・アンド・エディー』にもゲスト

や準レギュラーとしても出演。

 

1994年〜1997年、『ER緊急救命室』

に看護師役として出演。

 

2000年には映画『アンダー・サスピショ

ン』で歌手として出演するという、ヴォーカ

リストとしても才能のある女優でした。

 

しかし、2017年、『ER緊急救命室』で

セクハラや人種差別について意見し降板。

 

意見した相手がジョージ・クルーニーさんだ

ったとか。

 

それがきっかけで、作品を降板させられてし

まったと主張していました。

 

2018年8月30日アメリカ合衆国カリフ

ォルニア州サウス・パサデナの自宅で警官に

射殺されます。

享年49歳でした。

スポンサードリンク

バネッサ・マルケスが警官に射殺は病気が原因か?

バネッサ・マルケスさんは深刻な精神関係の

病気を患っていたと報道されています。

 

射殺された時に“発作”を起こしていたという

報道がされているので、病気が原因なのでは

ないでしょうか。

 

バネッサ・マルケスさんは、2005年の

『intervention』という番組で“買い物依存

症”“うつ病”“強迫性障害”で苦しんでいる患者

として出演しています。

 

また、2013年のYouTubeでは“自己免疫

疾患”の治療を受けているという動画が。

 

最近のバネッサ・マルケスさんの病状を考え

ると“自己免疫疾患”に苦しんでいたというこ

とが伺えます。

スポンサードリンク

警察官がバネッサ・マルケス射殺は避けられなかったのか?彼女の死が悔やまれる

今回、バネッサ・マルケスさんは病気で、発

作的にエアガンを手にしてしまったのでしょ

うか?

 

だとすると、以前苦しんでいるとされていた

“うつ病”が関係あるのかもし知れません。

 

警官がバネッサ・マルケスさんに発砲する

位ですから、精神的に普通な状態ではなく、

警官は身の危険を感じたということでしょ

う。

 

「バネッサ・マルケスさんが手にしたもの

がエアガンであることにどうして気がつか

なかったのか?」

と、疑問に思う人もいるでしょう。

 

ですが、アメリカは銃社会。

“人に銃口を向ける行為はNG”なのです。

 

いくら警官でも、距離が離れていたり、

いきなり銃口を向けられたら、本物なの

かそうでないのかの区別がつくはずはあり

ません。

 

今回のように、警官にエアガンを向けたこと

により、発砲され死亡するという事件は度々

報道されています。

 

アメリカは銃社会であり、銃口を向けられた

場合、発砲されるリスクが高いとわかってい

るのですが、今回のような事件を回避する良

い手立てはないものでしょうか。

 

バネッサ・マルケスさんのご冥福をお祈りい

たします。

コメント