バラエティー

カナダのオークションで両親を失った子供達に亡き父親・ブレントが残した最高の贈り物

投稿日:

カナダの車のオークションで、とても心温まる奇跡がおきました。

ある出来事のために幼い子供を2人残し、両親が他界。

その後、この幼い子供達と祖父・ベンさん家族にあり得ない出来事が起こった物語を『ありえへん世界』で紹介

今回は、この奇跡の出来事についてご紹介いたします。

カナダのオークションでケリクール家に奇跡と感動の内容が凄い!

この奇跡の物語の主人公はケリクール家

ケリクール家は、あるクラシックカーをオークションに出品することにしました。

その車は、

1973年型 ポンティアック・パリジェンヌ

愛車は、29,000カナダドル(日本円で約249万円)で落札されます。

すると、この後、奇跡が起こったのです。

続けざまに3度もオークションで競り落とされた

のです。

通常ならば、オークションは一度で終わるもの。

たった今、競り落とされた“ポンティアック・パリジェンヌ”が、またオークションにかけられ、30,000カナダドル(日本円で約257万円)で落札

そして更に、オークションにかけられ、20,000カナダドル(日本円で約172万円)で落札されるという、奇跡が起こったのです。

競り落とされる毎に、なぜか、車の所有権がケリクールさん一家へ。

そしてそれぞれの落札代金は、ケリクール家へ支払われました。

このような奇跡は、どのようにして起きたのでしょうか。

スポンサードリンク

ケリクール家のブレント一家に奇跡が起こる

オークションに出され奇跡を起こした車の持ち主はケリルーク家のカナダ・アルバータ州に住むケリクール家のブレントさん。

当時35歳。

ブレントさんは妻・ニコルさん(当時34歳)と幼い子供2人で暮らしていました。

子供は、長女のアリエールちゃん(当時6歳)。

長男のリーアムくん(当時3歳)。

2人とも可愛い盛りです。

幸せな生活を送っていた家族に突然の悲劇が襲います。

ある日、ケリルーク夫妻はバイクに乗っていたところ、トラックと衝突。

帰らぬ人に。

この日は、ブレントさんの誕生日を翌日に控えた日でした。

残された幼い子供は祖父のベンさんが引き取ることになるのです。

奇跡のオークションのきっかけ

亡くなった両親に変わり、祖父・ベンさんが2人の子供を引き取りますが、やはり、年老いた祖父にとっては、育てて行くことはとても難しいこと。

体力的なことはもちろんでしょうけれど、養育費がとてもかかります。

親族の援助もありましたが、養育費を募るために

GpFundME

を設立。

多くの方から寄付が寄せられたのでした。

しかしながら、それでも養育費には不安があったのです。

それは

子供たちは耳が不自由

ということでした。

今はもちろん、これから先も多くの医療費が必要となること。

このことから、ブレントさんの愛車“ポンティアック・パリジェンヌ”をオークションに出品し、子供達の治療費に充てることにしたのです。

このことは、ベンさんやケリクール家にとって苦渋の決断でした。

スポンサードリンク

オークションで奇跡はなぜ?落札者が権利を放棄したのか?

今回の奇跡のオークション。

そのきっかけは、進行役が以下のことを説明したのです。

それは

・“ポンティアック・パリジェンヌ”をオークションにかける理由

・落札代金の使途について

通常はこのような説明をすることはありません。

このことにより、奇跡が起こったのです。

オークションで“ポンティアック・パリジェンヌ”を競り落とし、権利をブレントン系に寄付した3人は以下の人物

・“レッドディア・モータース”マクウィリアム氏

・ダニー・フェヤド氏

・“ブルドッグ・メタルズ”ボブ・べヴィンス氏

このうちボブ・べヴィンス氏は以下のように語っています。

「自分がもう一台クラシックカーを所有することよりも、あの一家の方が価値を感じた、ということです。

そうすれば、いつか、成長した子供達が父親の残した車を運転できる日がくるでしょうから」

このことに対し、ベンさんは

「こんなに大きな親切に、どうやったら十分感謝できるのでしょうか?」

と、感謝の言葉を述べたそうです。

きっと、ブレンダさんの子供達が元気に成長し、やがて形見だった“ポンティアック・パリジェンヌ”を走らせる。

このことが、今回のオークションで得られた奇跡に対する答えと感謝ではないでしょうか。

残されたブレンダさんの子供達が元気に育ち、祖父のベンさんやケリクール家が幸せな日々を送っていくことを心から願いたいと思います。

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問いただきまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。



-バラエティー
-, ,

Copyright©  気になるコト調べてみましたよ♪ , 2020 All Rights Reserved.