コブクロがおしゃれイズムでおもしろエピソードを!ストリート時代やおひねりが新巻鮭?名前はFUJIWARAがヒント、経歴やwikiプロフィールを改めて紹介

おしゃれイズム

裏の名曲「遠くへ・・・」

この曲は小渕健太郎さんが18歳の時に他界したお母様の事を想い作った曲だそう。

歌詞の中に

“僕が18でこの世を去ったのは「あとは自分で生きなさい」と

まるで役目を終えたかのように

なんにも言わず逝きましたね”

という歌詞があります。

コブクロにはさまざまな名曲がありますが、このように強い想いの歌詞が込められ

ている曲があったのですね。

 

2007年、“蕾”で「日本レコード大賞」を受賞した時に司会者から「この賞を

まずどなたに伝えたいですか?」という質問に小渕健太郎さんはこう語っ

ています。

蕾

出典:http://gakufu.gakki.me

「今日は、母親の事を歌ったと言ったのですが、なんか(母が)一緒に歌っていた気

持ちが強かったので、きっと一緒にこの賞を受け取ってくれてるんじゃないかな

と思います」

 

コブクロのファンの方達の間では有名なエピソードだったかも知れませんが、私は

全く知りませんでしたので、この場でこのような名曲を知る事が出来て良かったと

思います。

コメント