その気になるコトアナタもきっと気になります!?

 気になるコト調べてみましたよ♪




アンビリバボー 動物

コウノトリと孤独な老人の物語をアンビリバボーで!内容や動画、クロアチアで奇跡の物語に感動の涙

更新日:

“『アンビリーバボー』でコウノトリと老人の奇跡の物語を紹介”

コウノトリと耳にすると日本では天然記念物に指定されていて、数の少ない鳥というイメージですね。

後、赤ちゃんを運んできてくれるとか。

今回『アンビリーバボー』では、このコウノトリと一人の心優しい1人の老人のお話です。

野生のコウノトリと1人の老人はどのようにして一緒に暮らすこととなったのでしょうか?

また、1羽と1人の感動の物語とは?

スポンサードリンク

コウノトリと人間の心温まるエピソードを『アンビリーバボー』で紹介。

放送内容はこちら。

孤独な者同士の老人と鳥が起こした奇跡の物語とは!?

クロアチア東部の村、ブロドスキーバロシュ。ここである不思議な家族が話題となり多くの国民が注目していた。スティエパンさん(71歳)と、一羽のメスのコウノトリだった。物語は今から25年前の1993年、スティエパンさんは、妻と3人の息子と暮らしていた。そんなある日、スティエパンさんは誤って銃で撃たれたコウノトリを見つける。コウノトリは毎年3月になると、13000キロ離れた南アフリカからクロアチアに飛来、半年ほど生活して、再び南アフリカへと帰っていく渡り鳥。この怪我ではもう群れに戻ることは出来ない、そう考えたスティエパンさんは、自宅で保護することを決意する。そんな中、最愛の妻が病死。さらに、息子たちも独立。こうして飛べないコウノトリと孤独な老人の奇妙な生活が始まった。この出来事こそがアンビリバボーな奇跡を起こす!

出典:アンビリーバボー公式サイト

コウノトリがパートナーのために13,000㎞もの距離を飛行。

毎年春になると、パートナーの元に戻り、雛をもうけ、そして冬が近付とパートナーを残し、越冬をする。

 

この行動がもう13年も続いているそうです。

スポンサードリンク

物語の場所はクロアチア東部の村、ブロドスキーバロシュ

クロアチアの東部にある村、ブロドスキーパロシュ。

そこに元小学校の管理人のスチェパン・ボキッチさん71歳が住んでいました。

現在は3人の息子も独立し、妻とは死別。一人、孤独に生活をしていました。

1993年のある日、ポキッチさんは池の近くでハンターに羽を打たれた雌のコウノトリを見つけます。

ポキッチさんは家に連れて帰り、手当てを。

怪我をして飛べなくなり、野生に戻れなくなってしまったため、保護をし、一緒に暮らすことに。

そして、このコウノトリに“マリーナ”という名前をつけました。

出典:https://www.24sata.hr/news/

ポキッチさんは、マリーナがいる倉庫で冬を越せるように十分暖め、水槽と巣を入れました。

ポキッチさんは定期的にマリーナを水浴させ、脚が乾燥しないように、保湿のクリームを塗りました。

そして春になると倉庫の屋上へ巣を作りました。

スポンサードリンク

保護のコウノトリ、マリーナの元に1羽のコウノトリが

ポキッチさんとマリーナが一緒に暮らし始めて9年。

2002年3月にマレーナの元に1羽の野生のコウノトリが訪れました。

そのコウノトリは雄でした。

ポキッチさんは、この雄のコウノトリを“クレペタン”と名付けました。

出典:BIGLOBEニュース

やがて2羽はカップルとなって、2ヶ月後の2002年5月に雛が誕生したのです。

クレペタンはエサを取りに行かないそうで、毎日代わりにポキッチさんが30㎞離れた川で魚を20匹ほど釣って与えました。

ポキッチさんはマレーナとクレペタン、雛との幸せな生活を見守っていたのですが、長く続きませんでした。

スポンサードリンク

コウノトリのマレーナが一人ぼっちに。ポキッチさんは優しく見守った

やがてマレーナの元をクレペタンと雛が去っていきました。

それは、野生のコウノトリは、クロアチアから8月になると1万4,500㎞も離れた南アフリカ・ケープタウンへ1ヶ月以上かけて越冬をするからです。

そのため、クレペタンは、越冬の季節がやってくると、マレーナの元を去ってしまったのです。

本来ならば、マレーナも一緒に越冬するところですが、怪我をしてしまった事で、飛べず、越冬できないのです。

雛も育ち、去っていき、マレーナは、寂しさのあまり、10日間も鳴き続けました。

ポキッチさんは、そんなマレーナを優しく見守りました。

ポキッチさんは悲しむマレーナを見て心が痛かった事でしょう。

悲しむマレーナの心を少しでも和らげるために、マレーナを釣りに連れて行ってあげるそうです。

スポンサードリンク

奇跡!マレーナの元にクレペタンが!!13年も続く純愛に地元メディアで話題に

マレーナは、他の野生の雄から求愛されても応じませんでした。

そして、クレペタンがマレーナの元を去って約7ヶ月後、奇跡が。

マレーナの元にクレペタンが戻ってきたのです。

そしてその年も可愛い雛が生まれました。

クレペタンはマレーナの元を8月になると、越冬のために去り、春が近付くと戻ってきてくるということが13年間続いています。

ポキッチさんは、クレペタンが帰ってくると

「息子の一人が帰ってきたような気がするよ」

と、マレーナと共に、帰還を楽しみにしています。

ポキッチさんとマレーナの生活を紹介した現地のニュース動画がありましたので、ご紹介いたします。

日本語訳ではありませんが、ぜひご覧ください。

もう1本、ポキッチさんとマレーナの日常が紹介された動画がありましたので、ぜひご覧ください。

言葉がわからなかったのですが、動画からポキッチさんとマレーナの固い絆を伺うことができますね。

ポキッチさんが倉庫にいるマレーナを呼ぶと出てくる仕草が可愛いですね。

時には、ポキッチさんがマレーナを抱いて、学校に通う子供達を見守っているという姿もとても微笑ましいです。

マレーナの羽で作ったお手製のペン。

すごく大きいですね。

子供達も興味津々。

ポキッチさんもマレーナも地域の人気者のようですね。

これからもポキッチさんとマレーナの幸せな日々が続いてほしいものです。

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問いただきましてありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。

スポンサードリンク

-アンビリバボー, 動物
-, ,

Copyright©  気になるコト調べてみましたよ♪ , 2019 All Rights Reserved.