スポーツ

三宅諒 フェンシング 経歴や賞歴、年齢とWIKIプロフィール!ひきこもりの過去が気になる!(中居正広の4番勝負)

更新日:

三宅諒さんはフェンシング選手

今回『中居正広の4番勝負』に出演

中居正広さんとフェンシング対決を繰り広げます。

最近は、モデルの依頼もある注目の選手。

モデル姿もかっこいいですが、フェンシングの実力も素晴らしい選手です。

幼い頃から才能を発揮し、オリンピックでメダル獲得。

そんな三宅諒さんも引退の危機があったようなのです。

今回は、三宅諒さんの経歴やプロフィール、そして引退の危機

その危機を救った人物についてなどご紹介いたしましょう。

三宅諒の経歴や賞歴

[ad#1]

三宅諒さんの経歴や賞歴のご紹介です。

経歴

・小学6年生 『全国大会』優勝

・中学2年 ジュニアの大会で2種目を制し、2冠達成

・2007年 『世界ジュニア・カデ選手権』(17歳以下)フルーレ個人 優勝

・2010年 ナショナルチームのに。『世界選手権』フルーレ団体 銅メダル

・2012年 『アジア選手権大会』3位

・同年 『ロンドンオリンピック』男子団体 銀メダル

・2013年 『アジア選手権大会』個人、団体 共に準優勝

・『全日本大会』準優勝

・2014年 『アジア大会』男子団体 金メダル

・2019年 『アジア大会』男子フルーレ 金メダル

大変素晴らしい成績ですね。

中でも『世界ジュニア・カデ選手権』(17歳以下)フルーレ個人の優勝は、日本人初の快挙

始まりが、フェンシング未経験の父親とマンツーマンの練習だった選手が、この成績は凄いとしか言いようがありませんね。

続いて、賞歴をご紹介です。

賞歴

・横浜市スポーツ栄誉賞

・市川市民栄誉賞

・千葉県知事賞

・都民スポーツ大賞

この他にも受賞されたものがあるとか。

三宅諒さんがどれだけフェンシングの世界で活躍されているのかが良くわかりますね。

三宅諒の年齢やWIKIプロフィール

[ad#1]

では、三宅諒さんの年齢やWIKIプロフィールのご紹介いたしましょう。

三宅 諒さんはこんな人

・名前 三宅 諒

・生年月日 1990年12月24日

・出身地 千葉県市川市

・競技 フェンシング

・種目 フルーレ

・身長 178㎝

・体重 72kg

・所属事務所 『株式会社コモンズ2』

三宅諒さんの年齢は30歳(2020年現在)

現在はフェンシング選手ですが、母親の勧めで、はじめの頃は水泳を習っています。

でも、泳げなかったため、やめたくて仕方なかったと言います。

Twitterの自己紹介にも

生まれてこのかた5km以上の距離を走ったことがありません。 そして泳げません。でも、奇跡的にフェンシングができました。 いまやそのフェンシングとやらに没頭し、日本のピンチは自分のチャンスをモットーに競技生活を謳歌しております。

また

5歳で母にスイミングスクールに入れられたんですが、泳げないので辞めたくて仕方なくて(笑)。

別のものを始めれば辞められると思って、見つけたのがフェンシングでした。

スピードや力だけでなく、格闘技版チェスと言われるぐらいの駆け引きが魅力的で。

身体能力に優れた相手にも工夫すれば勝てるというのが、子どもながらに面白くて打ち込んでいました。

ロンドン五輪で銀メダルもとれたので、泳げなくて良かったです(笑)

このようにも綴っています。

5㎞も走れないということが真実なのか気になりますが、泳げない状態だったので、上達せず。

それよりも棒を振り回して遊ぶことが好きだった三宅諒さん。

5歳のある日、フェンシング教室の張り紙を見て、「やりたい!」ということに。

ということで、フェンシングの教室に入ったのかというと、違ったのです。

なんと、父親が独学でファン寝具を学び、指導することに。

毎晩、自宅の廊下で、マルシェ(一歩前に)、ロンペ(後ろへ)という基礎動作を繰り返したと言います。

三宅諒さんはその頃の自分を

「日本で一番練習していた」

と言います。

その言葉の通り、小学6年生で『全国大会』優勝

そして中学、高校で日本一となり大学生時代、その後も好成績をおさめます。

まさかフェンシングの指導が、父親の独学からということには驚きですね。

三宅諒の学歴(高校/大学)

三宅諒さんの学歴(高校/大学)について。

・高校 『慶應義塾高等学校』

・大学 『慶應義塾大学』文学部

大学在学中は、騎士道精神も学んでいたとか。

また、アルバイトの経験はないそうですが、塾の講師の経験があるそうです。

三宅諒が引退の危機、ひきこもりを救った言葉

[ad#1]

三宅諒さんは、オリンピくでメダルにも輝き、順調に選手生活を送ってきたのだと思っていたのですが、引退の危機があったようです。

オリンピックでメダルを獲ったことで

「ハングリー精神がなくなり、次は金メダル、とは考えられなかった」

と言います。

練習にも身が入らなくなり、世界ランクも14位から180位まで転落。

一旦、フェンシングから距離を置きました。

その後は、自宅にひきこもったりの毎日。

練習する意欲もなかったという。

そんな中、『東京オリンピック』が頭をよぎります。

フェンシングで大会に出たいという気持ちはあったのです。

ですが、練習に身が入りません。

そんな時、一人の人物の助言で状況が一転します。

その助言とは

「三宅君は、もっとフェンシングを好きって言った方がいいよ」

という言葉でした。

この助言をしたのは、元女子卓球選手の福原愛さんでした。

福原愛さんとは、仲が良く、電話で話すことが多かったという。

「フェンシングをやってきて、つらかったことは基本ないですね。

ただ、なんでフェンシングをやっているんだろうと考えることはありました。

そんな時、卓球の(福原)愛ちゃんに

『フェンシングを好きなら、もっと好きって言った方がいいよ』と言われたんです。

それから、迷った時は『フェンシングが好き!』と言うようにして、自分の気持ちを再確認しています」

“好きだから練習する。好きだから試合に出て勝ちた”と実際に口に出すことによって、再び練習に打ち込めるようになったそうです。

福原愛さんも同じオリンピックメダリスト。

そんな人の助言だからこそ、心に響いたのでしょうね。

益々、今後の活躍が楽しみですね。

三宅諒の結婚や彼女は?

[ad#1]

三宅諒さんは、結婚しているのか、彼女がいるのか気になりますね。

調べてみると、独身で特定の彼女もいない様子。

過去の不調や目前の『東京オリンピック』出場を目指し、今まで以上に練習を重ねてきたと思いますから、彼女を作ることやましてや結婚ということは考えられなかったのでしょうね。

因みに三宅諒さんが好きな女性芸能人は

基高畑充希さん

顔だけの好みで言うと

ミラクルひかるさん

なのだとか。

高畑充希さん可愛いですよね。

ミラクルひかるさんは、可愛いというよりは美人系でしょうか。

ということで、三宅諒さんが好きなタイプの女性は“美女”ということでしょう。

三宅諒 フェンシング 経歴や賞歴、年齢とWIKIプロフィール!ひきこもりの過去が気になる!(中居正広の4番勝負)のまとめ

三宅諒さんのフェンシングを子供の頃に指導していたのが父親だった上に、知識がない状態からだったとは驚きでしたね。

他人よりも練習したという三宅諒さん。

その努力の証として小学生から素晴らしい成績をあげ、オリンピックのメダリストとなったことは素晴らしいことでした。

しかし、オリンピック後は、引退の危機もあったとのことで、順風満帆ではありませんでしたが、福原愛さんの助言で復活。

そして『東京オリンピック』について

「メディアは、年齢的に東京五輪を僕の集大成にしようとしますけど、決めつけないでほしいです(笑)。ʼ24年のパリ五輪も待っているし、なんならʼ28年のロサンゼルス五輪も。とにかく、自分らしく競技人生をおくりたいと思っています。」

とかたり、『東京オリンピック』以降も引き続き現役を続け、先のオリンピックの出場に井奥を見せています。

ここまで気持ちが前向きに戻ってよかったですね。

そして、三宅諒さんといえば、YouTubeが話題になっています。

YouTubeについて

「実は、夢がすてきなおじいちゃんになること(笑)。

20年でどれだけの経験をし、影響力を持てているかを聞きたいです。

YouTubeのチャンネル登録数が100万人を超えていてほしい…なんだか、僕のYouTubeの宣伝になってますね(笑)。」

YouTubeは『とりあえずミーティング』というタイトル。

筆者も少し見て見ましたが、フェンシング以外の普通の三宅諒さんを見ることができて、内容も緩く、面白かったです。

みなさんもぜひ、チエックして見てくださいね。

では、本日はこの辺で。

みなさん本日もご訪問いただきまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。

☆三宅諒(フェンシング)のYouTubeの記事はこちら!→三宅諒(フェンシング)のYouTubeが話題!内容や始めた理由は?



-スポーツ
-, ,

Copyright© いろいろ知りたいブログ☆ , 2021 All Rights Reserved.