爆報!THEフライデー

モーリ/元シュガー 毛利公子は出産時に亡くなる。病名や症状について(爆報!THEフライデー)

投稿日:

みなさんはSugar(シュガー)という女性3人組のコーラスグループをご存知でしょうか。

1980年代に『ウエディングベル』という歌が大ヒットしたグループです。

今回『爆報!THEフライデー』では、この中のメンバー、愛称モーリで親しまれた毛利公子さんについて放送します。

しかしながら、毛利公子さんはもうこの世にはいらっしゃいません。

毛利公子さんを突然の病が襲いました。

毛利公子さんの命を奪った病気についてご紹介いたします。

モーリ/毛利公子 Sugarの謎の急死を『爆報!THEフライデー』で放送内容

モーリこと毛利公子さんの謎の急死を『爆報!THEフライデー』で放送の内容がこちら。

  • 芸能界の迷宮入り事件
  •   ▼1980年代大人気コーラスグループ・Sugarの・モーリの謎の急死 元メンバー・クミが30年間の沈黙を破り最後の1日の全てを語る

出典:Yahoo!テレビG.ガイド

コーラスグループ/ Sugarのメンバーだったモーリこと毛利公子さんの急死をメンバーだったクミこと長澤久美子さんが語ります。

番宣には“芸能界の迷宮入り事件”ということになっていますが、ちょっと煽り過ぎかな、と感じる筆者。

なぜなら、毛利公子さんの急死は、突然の病気だったからです。

筆者が思うところ、毛利公子さんの命を奪った病気が、本当に稀にしか起きることのないものである、ということから、先ほどのような番宣になったのでは?と。

では、モーリこと毛利公子さんの命を奪った病気について見てみましょう。

元シュガーのモーリ/毛利公子は病気で亡くなっていた

スポンサードリンク

モーリこと毛利公子さんの“Sugar”は3人コーラスグループ

毛利公子さんは、リーダーでボーカルとギターを担当

他のメンバーは、今回オンエアで毛利公子さんの死の真相を語る、“クミ”こと長澤久美子さんと“ミキ”こと笠松美樹さん。

1981年にデビュー曲『ウエディング・ベル』が大ヒット。

ですが、シュガーは1987年に解散しました。

その後、3人はそれぞれの道へ。

毛利公子さんは、ラジオのパーソナリティーなどで活躍します。

そして1988年に一般人の男性と結婚。

その後、第一子を妊娠。

1990年4月6日午前、出産予定日を10日後に控えたその日、腹部に激痛を感じ、『日本医大』へ。

検査の結果、胎児が亡くなっていることが分かります。

その後、同日の夜中に毛利公子さんは帰らぬ人となってしまったのです。

メンバーだった長澤久美子さんは、毛利公子さんが亡くなる前日も会い、亡くなった当日の夜にも電話で会話をしていたと言います。

なのに、妹さんから毛利公子さんが亡くなったと聞かされ、信じられなかった様子。

享年29歳。

余りにも突然で、早すぎる死でした。

毛利公子を襲った病気や症状は?

スポンサードリンク

毛利公子さんと胎児の命を奪った病気、それは

常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)及び羊水塞栓症

一体どのような病気で症状なのでしょうか?

常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)について

子宮壁の正常な位置に付着している胎盤が、通常は妊娠20週以降に剥がれてしまうこと

出典:『MSDマニュアル家庭版』

病名の通り、何らかの原因で胎盤が剥がれてしまうという病気。

症状

では、症状を見てみましょう。

・性器出血や激しい腹痛が起こり、ショック状態を起こすことがある

・床上安静だけでよい場合もありますが、出血が続く場合、胎児が危険な状態である場合、予定日が近い場合には、できるだけ早く分娩を行う

・胎盤は、一部が剥がれることもあれば(10~20%程度の剥離など)、完全に剥がれてしまうこともあり、原因は不明。胎盤剥離は全分娩の0.4~1.5%に起こる

 

出典:『MSDマニュアル家庭版』

毛利公子さんは、激しい腹痛という症状。

原因が不明ということは、何とも恐ろしいことです。

原因

では、原因について。

・高血圧(妊娠中に発症する高血圧の一種である妊娠高血圧腎症など)

・コカインの使用

・高齢である

・血管炎やその他の血管の病気

・常位胎盤早期剥離の既往

・腹部外傷

・血液凝固障害

・喫煙

・胎児の周囲にある組織の感染(絨毛膜羊膜炎)

・前期破水、特に羊水が多すぎる場合(羊水過多)

出典:『MSDマニュアル家庭版』

この他にも“胎動の減弱”や“消失”でも起こりうるということ。

毛利公子さんの場合は、胎児がなくなってしまったことで、この病気を発症してしまったのでしょうか。

また、“妊娠高血圧症候群”も発症しやすい要因の一つとのこと。

毛利公子さんは、“妊娠高血圧症候群”を患っていたのでしょうか。

この辺りは、オンエアで明らかになるかも知れません。

スポンサードリンク

羊水塞栓症について

では、毛利公子さんを襲ったもう一つの病気“羊水血栓症”について。

胎児の細胞や組織が含まれる羊水(子宮内の胎児の周囲を満たしている液体)が母体の血流に入り、母体に重篤な反応を引き起こす。この反応は肺や心臓に損傷を与え、過度の出血を引き起こすことがある

出典:『MSDマニュアル家庭版』

母体に血流が逆流するとは、想像をしただけでも恐ろしいことです。

毛利公子さんは胎児の老廃物の逆流により、不幸にも亡くなったと言います。

症状

では、どんな症状が見られるのでしょうか。

・突然の呼吸困難

・低血圧

・コントロール不可能な広範囲の出血

・心拍数の増加、不整脈

・低血圧

・呼吸困難

・呼吸不全

・心停止

出典:『MSDマニュアル家庭版』

中でも上記の上から3つの症状が強く現れると言います。。

また、この病気を発症すると13~44%の女性が亡くなるという、とても怖い病気です。

原因

この病気を事前に予防する手立てはないのでしょうか。

この病気が発病する原因を見てみましょう。

・帝王切開による分娩または鉗子の使用

・母体の高齢

・多胎妊娠

・胎盤が早い時期に剥がれる(常位胎盤早期剥離)、または胎盤の位置に異常がある(前置胎盤)

・母体の腹部損傷、子宮頸部裂傷、または子宮破裂の既往

・胎児の周囲を満たしている液体(羊水)の量が多すぎる(羊水過多)

・陣痛の人工的な開始(陣痛誘発)

出典:『MSDマニュアル家庭版』

この病気の発症は、極めてまれであるという記述でした。

しかし、そのまれなケースに毛利公子さんは含まれてしまったという事。

本当に残念でなりません。

毛利公子さんは、生まれてくるであろう赤ちゃんに“さやか”と名付けていたと言います。

ということは、事前に女の子が生まれるということがわかっていたのでしょうか。

本当に毛利公子さんの死は悲劇としか言いようがありません。

改めてご冥福を祈ります。

※“常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)”や“羊水塞栓症”をもっと詳しく!→『MSDマニュアル家庭版』



-爆報!THEフライデー
-, , ,

Copyright©  気になるコト調べてみましたよ♪ , 2020 All Rights Reserved.