O.J.シンプソン事件の真相を法廷ミステリーで!真犯人は誰で裁判の行方は?鍵はDNA鑑定でO.J.はオセロ症候群だった!

世界法廷ミステリー

最近の日本でも犯罪が起こった時に頻繁に耳にする言葉

“精神疾患”。

O.J.シンプソンも“精神疾患”を疑われました。

そのような人物を“殺人容疑者”と立証出来たものとは

何だったのでしょうか?

O.J.シンプソンは“精神疾患”を患っていた?

O.J.シンプソンが疑われた“精神疾患”。

それは“オセロ症候群”でした。

この“オセロ症候群”の特徴は、“嫉妬や妄想”に取り憑かれる事。

 

症状はパートナーが浮気をしているト思い込んだり、浮気をしていないか

確かめる為に相手を追込むという“偏執狂的”な精神病。

“裏切られる”・“見捨てられる”・“強迫観念”・“嫉妬心”・“不定妄想”という

症状があり、これを抑えられなくなると暴力に走ります。

 

この“オセロ症候群”はシェイクスピアの四大悲劇の「オセロ」

から名前が付けられました。

●「オセロ」とは?

ヴェニスの軍人だったオセロは、旗手のイアーゴの策略にはまります。

そして妻のデズデモーナの貞操を疑って、妻を殺害。その後、

その事は間違いだったと知り、オセロは自殺を図ります。

 

スポンサードリンク

 

犯人と決定付けたのは“DNA”鑑定

現在の犯罪捜査等に広く遣われている“DNA鑑定”。

O.J.シンプソンの場合もこのDNA鑑定の結果、犯人であると断定されました。

DNA鑑定に使用されたのは、O.J.シンプソンの愛車の運転手側のドア、

そして助手席のコンソールの上の血痕と、裏庭の通路から見つかった

右手の革手袋。

後、O.J.シンプソンの寝室から見つかった血染めのソックスでした。

 

DNA鑑定の結果、右手の革手袋の血痕が被害者2人とO.J.シンプソンの

ものであると断定され、現場の血の足跡がO.J.シンプソンの足のサイズと

完全に一致します。

 

事件当時のアリバイが定かではない中、物的証拠と状況証拠から

O.J.シンプソンが真犯人だと断定します。

 

逮捕状が出るも無実を訴える

6月17日、O.J.シンプソンの逮捕状が出ます。

その事を知ると愛車で逃走。

前代未聞のカーチェイスを繰り広げ、これが全米に生中継されました。

しかし、午後9時に逮捕。

車中にはパスポートと現金、マグナム・レボルバーがあった。

 

逮捕状が出た事を知ったO.J.シンプソンは海外への逃亡を

図ったのでしょうか?

 

逮捕されたO.J.シンプソンは数々の物的証拠や状況証拠がある中、

無実を訴えます。

裁判の結果はどうなったのか?

さらに罪を重ねたO.J.シンプソンを待っていた判決とは?

続きは次のページへ!!

コメント