プロフェッショナルに萩田和秀(産婦人科医)出演!wiki風プロフィールや経歴、“コウノドリ”モデル、動画ジャズピアノ

プロフェッショナル

医学生時代は不真面目で進路さえ決めれずにいた

産婦人科医になるより以前に、荻田和秀さんは

プロのミュージシャンを目指しておられたそうです。

4歳から11歳までクラシックピアノを習っておられ

芽が出ない為に辞めてしまったのだそう。

 

そんなこともあり、医学部の学生時代は

まだプロのミュージシャンへの道を諦めておらず、

医学部の学生でありながら、オーディションを

受けていたのだそうです。

 

その為か、授業にもあまり出ず、久しぶりに授業に

出た時に教授から

「君が荻田君か。初めまして」と言われ

「ああ、初めまして」と答えて激怒されたそう。

その時に

「医者になったら真面目にやろう」と思ったのだそう。

スポンサードリンク

そんな荻田和秀さんが

 

医師を目指すきっかけの出来事が!!

卒業が近づき、進路を決めなければならないのに

決められずにいた荻田和秀さん。

そんな荻田和秀さんは医師になると決めた当初は

“脳外科医”でそれを専門とする救急医をと

考えていたよう。

 

そんな時に臨床実習で“周産期“の現場へ行き、

衝撃を受けます。

 

目の当たりにしたのは日々、生死をさまよう

“極限状態の母子の姿”。

 

様々な症例に対しなければならないという

困難極まりない状況。

「その難しさと深さにしびれた」といいます。

 

「周産期は“麻薬”のように医者を魅了して止まない。

そこに“怖さ”と“面白さ”がある」そうとさえ答える

荻田和秀さん。

 

現在では産科医として有名になった荻田和秀さん。

“有名になった”といえば、

皆さんもご存知の方が多いと思うのですが

あの話題となり、好評だったドラマ

“コウノドリ”のモデルとなったのが正しく

荻田和秀さん、その人なのです!!

 

“コウノドリ”のモデルのきっかけや、

“医師”とは違うもう一つの“顔”とは?

続きは次のページへ!!

コメント