世界丸見え!テレビ特捜部

レッドアローズ(イギリス/アクロバット)動画が凄い!名前由来、パイロットの条件や機体も気になる!

投稿日:

空中で素晴らしいパフォーマンスを披露するアクロバット。

筆者は映像でしか見たことがありませんが、実際に見ると迫力があって、感動することでしょうね。

今回、『世界まる見え!テレビ特捜部』では、世界一のアクロバットと称される、イギリス空軍の“レッドアローズ”を紹介。

一体どんなアクロバットチームなのでしょうか?

そこでレッドアローズの動画はもちろんどのようなチームなのか、名前の由来やパイロットになるにはどのような条件があるのかなどをご紹介いたします。

イギリス空軍 レッドアローズのアクロバットを『世界まる見え!テレビ特捜部』で

イギリス空運 レッドアローズのアクロバットを『世界まる見え!テレビ特捜部』で紹介します。

その放送内容がこちら。

【イギリス空軍・レッド・アローズ】
大空を舞台に華麗なパフォーマンスを繰り広げるアクロバット飛行の中で、世界一と称されるのがイギリス空軍の「レッド・アローズ」。その操縦技術はまさに神業! 危険と隣り合わせの状況で巧みな技を繰り出し、世界中の航空ショーでも注目を集める。そんな神業集団の裏側に密着。

引用:『世界まる見え!テレビ特捜部』公式サイト

番宣にも書いてありますが、パイロットたちの裏側に密着が気になりますね。

また、素晴らしいパフォーマンスの裏側にある訓練の様子など見ることができるのでしょうか?

では、レッドアローズについてご紹介致しましょう。

レッドアローズのアクロバット(動画)が凄い!

[ad#1]

飛行機のアクロバットはとても凄いですね。

先ほどもその素晴らしいアクロバットを動画をご紹介いたしましたが、こちらもぜひご覧ください。

パフォーマンスで機体から出る3色の煙の色はイギリス国旗の色

演技中は白が5分間、赤と青はそれぞれ1分間出すことができるそうです。

もう一本、動画をご紹介いたしましょう。

こちらはアメリカ合衆国のアクロバットチーム“サンダーバーズ”との共演

どうぞご覧ください。

これだけの戦闘機がアクロバットを繰り広げると、迫力満点ですね!

機会があれば実際に見てみたいものです。

レッドアローズの名前由来や発足について

[ad#1]

レッドアローズの名前の由来やアクロバットチームの発足について見てみましょう。

レッドアローズの名前由来

レッドアローズの名前の由来はどのようなものなのでしょうか。

実はこの名前にはとても優秀なアクロバットチーム“レッドペリカンズ”と“ブラックアローズ”の名前からつけられたのです。

これら2つのチームについて調べてみたのですが、残念ながらいずれもありませんでした。

また、レッドアローズは英語で

赤い矢

を意味しています。

レッドアローズ発足の経緯

次にレッドアローズの発足の経緯についてご紹介いたしましょう。

レッドアローズの前身は、イギリス空軍で形成されたアクロバットチーム。

1950年代から60年代にかけて部隊や飛行訓練学校に発足。

のちにこれらが解散。

1965年にリー・ジョーンズ大尉が空軍を代表するアクロバット専門チームを編成。

『中央飛行学校』でレッドアローズを発足。

現在ではイタリア軍の“フレッチェ・トリコローリ”、フランス軍の“パトルイユ・ド・フランス”と並んで

欧州御三家

と呼ばれ、世界的に高い評価を受けています。

レッドアローズの機体や編成、所属基地は?

[ad#1]

次にレッドアローズの機体や編成、所属基地について見てみましょう。

レッドアローズの機体

・フォランド・ナット(1979年まで)

・BAeホークTI(現在)

いずれの機体も小型練習機。

また、低空アクロバットに適している機体ということ。

先ほど動画でご紹介したアメリカ合衆国の“サンダーバーズ”が使用の機体はF−16C戦闘機

6機で編成されています。

レッドアローズの編成

・1966年より9機編隊へ

・発足当時は7機編隊

アクロバットは9機で行われますが、実は10機目が存在します。

この10機目は

・パフォーマンスのコーディネーター

・編成のマネージャー

・遠征時の予備機

このような役目があります。

レッドアローズの所属基地

レッドアローズの機体はイギリス中部の“リンカーンシャー”の基地をベースとしています。

レッドアローズのパイロットになるには?

[ad#1]

空中で素晴らしいくカッコいいアクロバットを繰り広げる“レッドアローズ”。

きっとその姿を見て

「いつの日か、あのパイロットに!」

と憧れる人も多いことでしょう。

では、レッドアローズのパイロットになるにはどうすれば良いのでしょうか?

レッドアローズのパイロットはボランティアだった!

驚いたことに、パイロットはボランティアということ。

入隊できたら3年間、レッドアローズのパイロットとして飛ぶことができます。

レッドアローズのパイロット入隊の条件

いくらボランティアといっても、もちろん誰でもに入隊を希望できるものではありません。

入隊条件は厳しいもので、以下の通り。

・ジェット戦闘機の経験者

・最低1500時間の飛行経験

・飛行技術が平均以上

補欠要員はいないということ。

となると、入隊条件をクリアしていても、入隊はかなり難しいようですね。

また、補欠要員がいないということで何かの理由で、9機が揃わなくても残りの機体でパフォーマンスを行います。

ですが、流石に隊長機の“レッド1”が飛べない場合は、パフォーマンスはしないそうです。

[ad#1]

レッドアローズ(イギリス/アクロバット)の動画が凄い!名前由来、パイロットの条件や機体も気になる!のまとめ

レッドアローズのアクロバットは素晴らしいものでしたね。

世界一と称されることに納得。

レッドアローズの名前の由来となった2つのアクロバットチームがどのようなチームだったのか、わからなくて残念でした。

また、パイロットがボランティアで、だとはびっくりでした。

とはいうものの、かなりハードルの高い条件でしたね。

ですが、アクロバットはとても危険を伴うもの。

残念なことに過去にはパフォーマンス中に命を落としたパイロットも。

操縦経験が長く、操縦技術にも優れていなければパイロットになれないということは、当然のことですよね。

トラブルのないよう、これからも私達に素晴らしいパフォーマンスを見せて欲しいものです。

では、今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問いただきまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。



-世界丸見え!テレビ特捜部
-, , ,

Copyright© いろいろ知りたいブログ☆ , 2021 All Rights Reserved.