気になるコト調べてみましたよ♪

その気になるコトアナタもきっと気になります!?




しゃべくり007 ジャンクSPORTS スポーツ 今夜くらべてみました

狼雅の成績や国籍が話題!本名やWIKIプロフフィール、二子山部屋で番付も気になる!

投稿日:

出典:https://deskgram.net/p/2034171252607861116_3961650250

狼雅(ろうが)の成績や国籍が話題

狼雅関の成績や国籍が話題になっています。

狼雅の成績

狼雅関がまだモンゴルにいたころ、日本の大相撲に興味を持ちます。

そして日本で行われた“白鵬杯”に出場。

その際、白鵬の目に留まり、日本の高校へ相撲留学を進められ、15歳で来日。

鳥取県の『鳥取城北高校』へ。

高校3年生の『高校総体』で優勝

外国人として初めての“高校横綱”に輝いたのです。

その後、狼雅関は、2018年5月に元雅山が親方の“二子山部屋”に入門。

初土俵は同年の『九州場所』。

2019年3月『大阪場所』では、7戦全勝で序二段優勝を果たしました。

これは序ノ口から2場所連続優勝。

狼雅の国籍

狼雅関ですが、出身の国籍はモンゴルと紹介されています。

しかし、狼雅関から驚きの発言が。

「ロシア人なんです」

という発言があったのです。

国籍はもちろんモンゴルで間違いないのですが、生後1年過ごすと、14歳まで母親の実家のあるロシアのトゥヴァ共和国で育ちます。

そして14歳から父親の出身であるモンゴルへ移りました。

狼雅関にしてみると、生まれて間もなくから14歳までの約13年間をロシアで過ごしたということで、人生の半分以上を過ごしているので気持ち的には“ロシア人”なのでしょうね。

狼雅(ろうが)の本名やWIKIプロフィール

スポンサードリンク

では狼雅関の本名やWIKIプロフィールのご紹介です。

出典:https://theinstadp.com/p/二子山部屋

狼雅関はこんな人

・力士名 狼雅(ろうが)

・本名 アマルトゥプシン・アマルサナー

・生年月日 

・国籍 モンゴル国ウランバートル市

・最終学歴 『鳥取城北高校』

父親はモンゴル人で、母親はロシア人。

モンゴルやロシアで住んでいたこともあり、モンゴル語、ロシア語、トワ語、そして日本語が話せます。

力士といことで、身長や体重が気になりますね。

調べていると・・・

・身長・・・183㎝

・体重・・・137kg

という恵まれた体型の持ち主。

入門当時の体重は140kgとされていましたから、日頃の稽古で余分な脂肪などが落ちて、体が引き締まったのかもしれませんね。

また、背筋力が200kgも。

これは朝青龍関よりも20kgも上回るとか。

白鵬が将来有望と目をつけた理由がわかりますね。

2019年5月現在の番付は“西序ノ口十五枚目”です。

幕下力士になるのも時間の問題でしょうね。

狼雅(ろうが)の意味は?

スポンサードリンク

狼雅(ろうが)”という四股名ってカコイイですよね。

この名前の由来って気になりませんか?

名前の由来を調べてみると、

師匠が現役の時の四股名の“雅山”の1文字と、モンゴルで強さの象徴である“狼”を組み合わせ、“狼雅(ろうが)”という名前に決定した

ということでした。

名前から、どれだけ期待されているかわかりますね。

四股名以上に素晴らしい力士になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

-しゃべくり007, ジャンクSPORTS, スポーツ, 今夜くらべてみました
-, ,

Copyright©  気になるコト調べてみましたよ♪ , 2019 All Rights Reserved.