有吉反省会

里咲りさは社長でぼったくり物販?経歴や年齢、WIKIプロフィールも気になる!(有吉反省会)

投稿日:

里咲りささんは“地下アイドル”であり“社長”なのだとか。

その上“ぼったくり物販”をしているとのこと。

“社長”というのも気になりますが、“ぼったくり物販”とは一体どのようなものなのでしょうね。

とても気になりますよね。

今回は里咲りささんが『有吉反省会』で“適当なものを高額で売りつける”、まさにぼったくりを反省するために出演

里咲りささんの“ぼったくり物販”や“社長”と呼ばれる訳や凄い経歴やプロフィールもご紹介いたします。

里咲りさが『有吉反省会』に出演の内容

里咲りささんが『有吉反省会』に出演内容はこちら。

10効果なしぶ0円ショップのグッズを高値でファンに売りつけてボロ儲け…禊ぎは高価な私物を100円で販売。

里咲は「お金欲しさに適当な物を高額でファンに売っている」ことを反省。しかし、ファンからのクレームはないという。

なかなかの内容ですね。

実際にグッズは売れているということですよね。

それはそれで凄いと思ってしまう筆者ですが、どのようにしてグッズを販売しているのか気になるところ。

今回の『有吉反省会』も要チエックですね。

里咲りさが社長は本当?

スポンサードリンク

里咲りささんは、地下アイドルです。

ということは“社長”(しゃちょー)は単なる愛称なのかな?と思った方が多いのではないでしょうか。

実は、里咲りさは実際に社長なのです。

所属事務所のアイドル兼社長。

現在の事務所の社長になる前にも社長業をしていたことが。

その名残から“社長”と呼ばれるように。

また一度、事務所を辞め、芸能事務所から派遣されていた家電量販店で引き続き働くことに。

すると、今までよりも手取りが6万円も増えるという。

“芸能活動での収入どころか、家電量販店で働いた給料までも事務所に搾取されていた”

という信じられないことが。

この経験から、事務所に入らず自らレーベルを立ち上げることに。

里咲りささんはこの時、『早稲田大学』に合格していたそうですが、高額な学費を目にし、

「入学金の金額を見たら、このお金があれば事業を始められると思った」

ということ。

里咲りささんは、知らないところでギャラをピンはねされていたことで、嫌な思いをしました。

このようなこともあり、個人事業主として『レーベル・フローエンタテイメント』を立ち上げ、社長となったのです。

里咲りさのぼったくり物販とは?

スポンサードリンク

“ぼったくり”とつくように、とんでもないものが、高額で販売されているのです。

以前、テレビ番組の『たけしのTVタックル』に出演した際、自身のグッズを販売する手法として紹介。

その内容が・・・

・レジ袋・・・1,000円

・タオル・・・1,000円

・法被・・・2,500円

ets・・・

これらのグッズは自ら100均などに出向いて購入。

Twitterにこのように呟く里咲りささん。

そして購入したものに、サインを入れたりして、自身のグッズとして販売するのです。

“ゴミみたいな”と販売する自作のグッズのことを呼ぶ里咲りささん。

販売会場でもせっせとサイン(?)を書いています。

本当に100均で購入のタオルにサインをしたものを1,000円で販売してるんですね。

にも関わらず、完売してしまうという・・・

社長、恐るべし!!

里咲りささんのグッズを購入の人達は、元は100均で購入のものにサインを入れたものということを承知で購入しています。

むしろ、このグッズの販売に参加したい人が多いんですね。

また、このように100均グッズを購入してグッズとして販売するきっかけは、所属グループの

『少女閣下のインターナショナル』(2014年〜16年)で生じた赤字を補填の為

だったそうです。

現在も“ぼったくり物販”をしているようですが、今では、応援してくれるファンが喜んでくれるので、継続のようですね。

スポンサードリンク

里咲りさの年齢やWIKIプロフィール

里咲りささんの年齢やWIKIプロフィールをご紹介しましょう。

里咲りささんはこんな人

・名前 里咲りさ

・生年月日 1992年9月25日

・出身地 群馬県高崎市

・血液型 O型

・身長 155cm

・職業 シンガーソングライター、HAWHA MUSIC RECORDS/フローエンタテイメント社長。

・最終学歴 早稲田大学文化構想学部中退

里咲りささんの年齢は28歳(2020年現在)

幼少期より作詞をはじめ、小学6年生の時に初めて作詞作曲を。

中学2年でギターをはじめ、ほぼ独学でマスターしたと言います。

18歳でシンガーソングライターとして初ステージ。

しかしながら、どうすれば稼げるのかがわからず、辞めてしまい、『早稲田大学』文化構想学部に入学。

暫く通っていたものの中退。

読者モデルやテレビ局の裏方のアルバイトを経て舞台・女優活動を開始することに。

当時所属していた事務所から家電量販店に派遣され、店員に。

2012年11月に家電量販店に勤務する女性で結成したアイドルユニット「店ガール9:50」(てんガールくじごじゅっぷん。江頭2:50命名)に加入。

『TSUTAYA』デイリー総合ランキング1位、『デイリースポーツ』に掲載等、主要メンバーとして活躍することとなります。

里咲りさの経歴

スポンサードリンク

里咲りささんの主な経歴のご紹介です。

主な経歴

・2014年1月 “店ガール9:50”卒業

・同年 大学を再受験し、合格も辞退

・同年 個人事業主として『レーベル・フローエンタテイメント』を立ち上げ、ソロ活動をスタート

・2015年5月 ソロでの収支がプラスとなったため、勤めていた会社(一般企業の営業職)を辞め、アイドル活動に一本化した

・同年12月7日 『ビートたけしのTVタックル』に“ぼったくりアイドル”として出演し、話題に

・2018年4月23日 新レーベル「HAWHA MUSIC RECORDS」の立ち上げ

・同年12月7日 『Girls Live Project(GLP)』の総合プロデューサーに就任

・2019年12月29日 『フローエンタテイメント』を『株式会社フローエンタテイメント』として法人化

尾咲りささんは2019年12月29日に『フローエンタテイメント』を『株式会社フローエンタテイメント』として法人化することで、同社でアーティストの独立支援事業・映像や音楽、イベントなどの総合制作事業・コンサル事業を中心に手がけることになります。

スポンサードリンク

里咲りさは社長でぼったくり物販?経歴や年齢、WIKIプロフィールも気になる!(有吉反省会)のまとめ

里咲りささんは本当に社長でしたね。

社長業をしたいからと言ってもそう簡単にできるものではありません。

それをまだ20代そこそこで事業を始めてしまうのですから凄いとしか言えませんね。

また、“ぼったくり物販”ですが、販売する側も購入する側も楽しんで行っているので、それはそれでいいのではないでしょうか。

気になるのは『有吉反省会』の禊が

“効果な私物を100円で販売”

ということ。

もちろん即売れてしまうと思うのですが、里咲りささんはどんな私物を販売するのでしょうか?

オンエアが気になります。

では、今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問いただきまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。



-有吉反省会
-, ,

Copyright©  気になるコト調べてみましたよ♪ , 2020 All Rights Reserved.