島倉千代子は現在 死亡で原因は?最後の歌(曲)や結婚して旦那や子供はいたのか?【真撃!シンソウ坂上】

真撃!シンソウ坂上

“島倉千代子逝去3日前執念の新曲収録&最

後の肉声を特別公開”

 

今回『真撃!シンソウ坂上』では、すばらい

い歌声で人々を魅了した島倉千代子さんにつ

いて放送します。

 

 

島倉千代子さんはこのオンエアと同じ日

2013年11月8日にこの世を去りました。

 

 

当時、島倉千代子さんが病床から肉声で

メッセージを私たちに伝えた報道が今

でも記憶に残っています。

 

 

歌手・島倉千代子とはどんな方だったのでし

ょうか?

スポンサードリンク

今回放送の『真撃!シンソウ坂上』の放送内

容がこちら。

5年前の今日11月8日に亡くなられた演歌歌手・島倉千代子さんの生涯に迫ります。番組では『人生いろいろ』をはじめ数多くのヒット曲を持つ島倉さんのデビューから結婚、離婚、16億円という莫大な借金、そして、晩年のがんとの闘病などを、元付き人の綿引あつ子や、島倉さんが歌手活動60周年を記念する新曲の作成依頼をした南こうせつらのインタビューを交え、振り返っていきます。さらにスタジオには、10歳の頃から島倉さんを「お母さん」と慕ってきた小林幸子を招き、彼女自身しか語ることのできない、島倉さんの壮絶な人生の裏側を激白する!

出典:真撃!シンソウ坂上公式サイト

島倉千代子さんが亡くなって2018年でま

だ5年なんですね。

もう、何年も前に亡くなったのかと思ってい

ました。

 

 

島倉千代子さんといえば『人生色々』が有名

ですね。

モノマネ芸人さんがこの楽曲でモノマネをさ

れる姿をよく見ました。

 

 

芸能人からも世間の人々からも愛された、

島倉千代子さんについて見ていきましょう。

 

島倉千代子のWIKIプロフ

スポンサードリンク

出典:http://columbia.jp/artist-info/chiyoko/

⚫︎名前 島倉千代子

⚫︎生年月日 1938年3月30日

⚫︎出身地 東京都品川区

⚫︎最終学歴 『日本音楽高等学校』

 

島倉千代子”という名前は雑誌の公募で決ま

ったそうです。

 

その理由は、名前の響きが、可憐な少女にぴ

たりだからという理由でした。

 

他にも名前があった中、本名の方が良かった

ということなのでしょね。

 

 

島倉千恵子さんは警察官の父・壽雄さんと母・

ナカさんの間に生まれました。

 

 

また、6人姉弟で4番目

姉2人は1歳と6歳で亡くなり、弟2人は

それぞれ俳優デビュー後、引退や作詞家に

転身しています。

 

 

そんな島倉千代子さんは未熟児で生まれ、

体が弱かったそうです。

 

 

1944年に家族は信州・松本の郊外に疎開

します。

 

 

当時6歳の島倉千代子さんは、台車に一升瓶

を乗せて200mほど離れた井戸に水を汲み

に。

その帰り道で一升瓶が割れ、左腕に47針も

縫う大きな傷が。

 

 

この為に、左手でものを強く握ることができ

なくなります。

 

 

傷を見せたくなかった島倉千代子さんは、包

帯を巻き、隠しました。

そのことで、友達と遊ぶこともできず、やが

て笑顔がなくなりました。

 

 

そんな姿を見かね、母・ナカさんがいろんな

歌を唄って聞かせました。

やがて島倉千代子さんも唄うようになり、

『のど自慢大会』に出場するように。

 

 

そんな島倉千代子さんは昭和30年に映画の

主題歌『この世の花』を歌いデビュー。

当時16歳。

 

 

実はこの曲、先輩の歌手、コロムビア・ロー

ズが歌う予定でしたが、スケジュールが忙し

かったために、島倉千代子さんが歌うことに

なりました。

 

 

島倉千代子さんはデビューからいきなりヒッ

ト作に恵まれました。

もちろん歌唱力もあってのことだと思うので

すが、当初は作曲家の万城目正さんからは、

「歌の下手な子だねぇ」

と言われていたそうです。

 

 

歌が下手だと言われた島倉千代子さんは、自

分なりに詩の内容を理解し、歌詞に表情をつ

けて歌うように。

 

 

そうするとみるみるうちに歌が変わってきた

のでした。

まさか歌が下手だと言われていたなんて、思

いませんでしたね。

 

島倉千代子は現在死亡で原因は?

スポンサードリンク

島倉千代子さんは、病気でこの世を去りました。

その病名は“肝臓がん”でした。

2010年に発症します。

 

この肝臓がん、実は転移したものだったのです。

 

 

島倉千代子さんは2003年に“乳がん”

患いました。

早期発見でした。

 

 

手術を受け、約20年、再発もせずにいた

ということで、このことには“まさか!”と

いう思いだったことでしょう。

 

 

残念ながら島倉千代子さんは、

2013年11月8日にこの世を去りま

した。

 

島倉千代子の結婚は?旦那や子供はいたのか?

スポンサードリンク

島倉千恵子さんは1963年に阪神タイガー

の藤本勝巳選手と結婚します。

 

 

ですが、この結婚を母・ナカさんや家族が猛

反対します

 

 

結局、結婚式には親族は誰も列席しませんで

した。

 

 

この時には、父・壽雄さんは亡くなっていま

した。

 

 

島倉千代子さんは、結婚と同時に専業主婦に

なることを希望しましたが、やはり売れっ子

歌手。

周囲が辞めることを許さなかったのです。

 

 

やがて、お互いは仕事の忙しさですれ違い、

1968年に離してしまいました。

 

 

2人の間に子供がいたのか?

ということについては、結婚前に1人、結婚

後に2人授かったそうですが、いずれも中絶

しています。

 

 

その理由は、借金を返すために働くことを選

んだ為でした。

 

 

結婚を機に、島倉千代子さんは実家に戻るこ

とがきなかったようですが、1970年に

母・ナカさんが“脳軟化症”になり寝たきり

に。

 

 

病室に見舞いました。

そして2年10ヶ月の闘病の末、母・ナカさ

んは亡くなりました。

 

 

和解をできないまま母・ナカさんと別れるこ

ととなった島倉千代子さん。

辛かったことでしょう。

 

島倉千代子を次々と試練が襲う

スポンサードリンク

家族の反対を押し切り結婚も離婚。

母・ナカと和解できないまま永遠の別れとな

った島倉千代子さんに次々と試練が襲います。

 

 

1977年、債権者たちから

総額16億円の返済を求められます。

 

 

この借金は、お世話になった恩人に実印を

預けてしまったことが原因でした。

 

 

この莫大な借金は、島倉千代子さんの代表曲

と言って間違いない1982年に発表した

『人生いろいろ』が130万枚のミリオンヒ

ットを達成し、借金を完済しました。

 

 

やっと平穏な時間が訪れたと思った数年後、

平成元年6月24日に、憧れの歌手であり、

姉のように慕ってきた美空ひばりが亡くな

ります。

 

 

そして数年後には乳がんに、そして肝臓がん

を患い、亡くなることとなります。

 

島倉千代子の最後の曲(歌)は存在?

スポンサードリンク

島倉千代子さんの最後の曲は、肝臓がんの

闘病中に作られました。

歌手生活60周年に向けて新曲を依頼して

いたのです。

 

 

体調は急激に悪くなっていきます。

そして平成25年10月末にやっと楽曲が

手元に。

南こうせつさん作曲の『からたちの小径

出典:Amazon

この曲が出来上がった時には、島倉千代子

さんには、外出をする体力はありませんで

した。

 

 

11月5日に自宅へ録音機材を持ち込み、

レコーディング。

 

 

そしてその3日後に天へと召されました。

 

2013年11月14日の葬儀会場では、レ

コーディング時にとられた前最後になる肉

声テープが流されました。

「私の部屋の中にスタジオができて、そこで私はできる限りの声で歌いました。自分の人生の最後に、二度と見られない風景を見せて頂きながら歌を入れられるって、こんな幸せはありませんでした。人生の最後に素晴らしい時間をありがとうございました」

出典:Wikipedia

☆音源はこちらへ→『からたちの小径』

 

新曲の録音時には、死を覚悟していたのでし

ょう。

島倉千代子さんの死は本当に残念でなりませ

ん。

 

 

今回の『真撃!シンソウ坂上』では、新たな

話が出てくるのでしょうか。

 

 

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問いただきまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。

コメント