『情熱大陸』でフラメンコダンサーのシロコ

(SIROCO)さんを取り上げます。

 

この方は日本人で初めて、フラメンコの5大

ンクールの一つ『第23回 アニージャ・ラ

ヒターナ・デ・ロンダ』で優勝したという

凄い経歴の持ち主です。

 

シロコ(SIROCO)さんの本名や年齢、結婚

ついても気になりますが、やはりフラメンコ

を踊っているところが気になります。

今回は動画もご紹介いたします。

スポンサードリンク

みなさんこんにちは☆

yo-mu-inkoです。

では早速、シロコ(SIROCO)さんに迫ります!!

シロコ(SIROCO)の本名やWIKI、名前の由来は?

出典:https://mainichi.jp/graphs/20180705/hrc/00m/200/001000g/1

名前:SIROCO(シロコ)

本名:黒田紘登(くろだ ひろと)

生年月日:1982年3月29日

出身地:京都府

職業:フラメンコダンサー

 

シロコ(SIROCO)さんの本名は黒田紘登(くろ

だ ひろと)さん。

 

“シロコ(SIROCO)”という名前、一見すると

本名と関係がないように思いますが、名前の

由来は何なのでしょうか?

 

調べてみると、どうやらスペインの人達には

“ヒロト”という名前の発音が難しいというこ

とで“シロコ(SIROCO)”にしたそうです。

 

また、この“シロコ(SIROCO)”という言葉はス

ペイン語で“熱風”という意味を持っていると

いう理由もあり、“シロコ(SIROCO)”と名乗る

ようになります。

 

情熱的なフラメンコダンサーにとってぴっ

たりな名前ですね。

 

シロコ(SIROCO)さんは現在、フラメンコダン

サーですが、実は中学生の頃に初めて出会っ

たダンスは“ストリートダンス”でした。

 

そんな頃、映画『フラメンコ』を観たことで、

フラメンコダンスに心を奪われます。

後に、高校を卒業すると、単身でフラメンコ

の本場スペインにダンス留学。

 

この期間に、フラメンコ界の帝王と呼ばれる

ファルキート氏や貴公子と呼ばれるファン・

デ・ファンから多くを学ぶこととなります。

スポンサードリンク

シロコ(SIROCO)の経歴(賞歴)が凄い!

シロコ(SIROCO)さんは、冒頭でもご紹介した

ように、日本人で初めてフラメンコの5大コ

ンクールの一つ『第23回 アニージャ・ラ・

ヒターナ・デ・ロンダ』で優勝という素晴ら

しい経歴をお持ちです。

 

●2002年 19歳の頃にカルロス・サウラ

の映画『フラメンコ』を観たことでフラメン

コの本場で学ぶため、スペインへ。

 

●2011年 『日本フラメンコ協会』新人公

演で奨励賞を受賞

 

●2017年 『第23回 アニージャ・ラ・ヒ

ターナ・デ・ロンダ』 で日本人初の優勝

 

この他にもスペイン公演やイベント出演、プ

ロディースもこなしています。

 

シロコ(SIROCO)の凄すぎるダンスを動画で!

では早速、気になるシロコ(SIROCO)さんのダ

ンスを動画でご紹介いたしましょう。

とても情熱的なダンスをご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

 

シロコ(SIROCO)さんのダンスを観ていると、

その情熱的な踊り、ステップや気迫で身震い

さえ覚えますね。

 

映像でそのように感じるのですから、リア

ルにダンスを観たらもっと凄いことでしょ

う。

 

機会があれば是非ともリアルで観て観たい

ですね。

スポンサードリンク

シロコ(SIROCO)の年収(収入)は?

シロコ(SIROCO)さんのようなフラメンコダ

ンサーの収入(年収)はどのくらいなのでしょう

か?

 

流石にシロコ(SIROCO)さん本人の収入(年収)

は知ることはできませんので、一般的なダン

サーの収入(年収)を調べてみました。

 

ダンサーとして収入を得る方法は、どこかに

所属するかフリーランスで踊るという形にな

ります。

そしてやはりダンスは実力の世界。

個人の実績によって、収入が変わります。

 

●イベント系

1ステージ制。

1ステージ30,000円程度

 

●バックダンサー

日給制が多い。

平均で日給6,000円〜10,000円程度

 

●講師やインストラクター

1レッスン制。

1レッスン3,000円〜5,000円程度

 

●ミュージカル(一部大手劇団を除く)

主役級以外は1公演期間中で100万円以下

 

このように、バックダンサーだけで食べてい

くというのはなかなか難しいものがあり、イ

ンストラクターなど、掛け持ちやその他アル

バイトをしなければ生活は厳しいというのが

現状のようです。

 

この他に、売れっ子のダンサーになると、自

身が踊ることはもちろん、振り付けの依頼も。

 

そこまでなると年収は1,000万円以上にな

るということ。

 

シロコ(SIROCO)さんは、自らが踊ることもあ

り、フラメンコスタジオも抱えているので、

年収1,000万円以上を稼ぐ1人で間違いな

いでしょう。

スポンサードリンク

シロコ(SIROCO)の結婚した妻(嫁)や子供は可愛いという噂

シロコ(SIROCO)さんはすでに結婚されていて、

子供もいます。

妻もフラメンコダンサーで奥野裕貴子さん。

出典:https://mainichi.jp/graphs/20180705/hrc/00m/200/001000g/1

シロコ(SIROCO)さんは妻の奥野裕貴子さんと

共にスタジオを開いています。

 

そして子供は女の子でマリアちゃん。

2018年時点で2歳。

 

シロコ(SIROCO)さんは愛娘のマリアちゃん

にダンスを教えようとしていますが、なか

なかダンスを踊ってくれないのだとか。

 

将来は親子でフラメンコそ踊る日が来るので

しょうか。

楽しみですね。