セブンルール

竹下真由|竹下製菓 商品や経歴、学歴とWIKIプロフィール、家族と年収について

更新日:

竹下真由、竹下製菓

竹下真由さんは、『竹下製菓株式会社』の5代目社長

「我社はおいしい、楽しい商品を作って社会に奉仕する」

を経営理念に120年以上も続く老舗です。

このような歴史のある老舗を女性が継ぐということは大変なことですよね。

今回『セブンルール』に出演ということで、竹下真由さんが、家業を継ぐに至った経緯や、学歴、もちろん『竹下製菓株式会社』についてもご紹介いたします。

竹下真由の年齢やWIKIプロフィール

竹下真由さんの年齢やWIKIプロフィールのご紹介です。

竹下真由、竹下製菓

竹下真由さんはこんな人

・名前 竹下真由

・生年月日 1981年9月

・出身地 佐賀県

竹下真由さんの年齢は39(2020年現在)

竹下真由さんは一人っ子ということ。

自宅は玄関が親が営む製菓会社『竹下製菓』と同じでした。

このようなことから、製菓工場は身近なものに。

子供の頃から工場内を父親や祖父について歩いて、自らお菓子の箱詰めを手伝ったり、お菓子作りのイロハを教わります。

そんな環境で育った竹下真由さんは、

「一人っ子でしたし、幼い頃からこの会社が短な環境で育ったのもあり、継ぐのは自分しかいないんだろうなと漠然と思っていました。

あとを継ぐのに特に抵抗感などありませんでした」

また、お菓子を作る機械に興味が湧き、工場がとても楽しかったとか。

このことで、機械好きとなります。

竹下真由の経歴や学歴

では、竹下真由さんの経歴や学歴のご紹介です。

最終学歴ですが、2007年に『東京工業大学大学院』社会理工学研究科経営工学専攻を卒業。

大学院の前は『東京工業大学』に。

この大学に進学は、機械好きがありました。

小学校2年生の頃に各国の代表の学生が作ったロボットで性能を競い合う『ロボットコンテスト』のドキュメンタリー番組を目にします。

この時、『東京工業大学』の学生も参加。

これを見た竹下真由さんは

「自分も将来この大会に出たい!」

と、思ったとか。

そして実際に『東京工業大学』に進学し、在学中に憧れのコンテストにも出場したのでした。

これって、凄いことですね。

続いて、主な経歴のご紹介です。

・大学院卒業後 『アクセンチュア株式会社』へ就職

・2011年 『竹下製菓株式会社』入社

・2014年 同社で商品開発室長に

・2016年4月 『竹下製菓株式会社』5代目代表と知るか利益社長に就任

現在に至る

将来、竹下真由さんは家業を継ぐことになると、子供の頃から思っていたと言いますが、大学院を卒業すると外資系のコンサルタント会社に就職しています。

普通なら、そのまま家業の会社に就職するのでは?と思いますよね。

家業ではない全く違う業種の会社に就職したことには、理由がありました。

それは、

あらゆる企業の裏側を知りたかった

とという理由。

ですが、父親は、この選択に納得いかず。

それでも必ず地元に戻ることを約束し、外資系コンサルタント会社への就職を許してもらいました。

そして、結婚を機に父親との約束通り地元に帰ることに。

2016年4月に『竹下製菓』5代目社長に就任することなりました。

[ad#1]

竹下真由の家族(旦那/子供)

竹下真由さんの両親や家族のご紹介をいたします。

竹下真由さんは2010年に結婚

結婚した旦那さんは、前職の同僚ということ。

現在、『竹下製菓』で副社長を務める雅崇さん

雅崇さんとの間には3人の子供がいらっしゃいます。

この結婚を機に父親との約束通り地元に帰ることに。

地元のさがに戻った理由は、父親との約束は当然ですが、竹下真由さん自身が子育ては地元の佐賀県で、という思いがあったからでした。

そして2016年4月に『竹下製菓』5代目社長に就任することなりました。

竹下真由の年収

竹下真由さんのことを調べていると、年収に皆さん関心があるようですね。

この辺りを調べてみました。

当たり前なのですが、公に年収を公表している社長さんはほとんどいませんよね。

竹下真由さんもその一人ということで、会社の資本金から推測してみました。

会社のHPによると資本金は1,000万円

そして資本金2,000万円未満の企業に務める役員の全国平均年収

約550万円

このことから、竹下真由さんは社長ということでなので1,000万円に届くかどうか、ということでしょう。

やっぱり、活躍している方の年収って気になるものですね。

[ad#1]

竹下製菓や商品、ブラックモンブラン誕生について

竹下製菓についてご紹介いたします。

事業内容はアイスクリーム製造、販売冷菓、菓子製造販売。

従業員は80名いらっしゃいます。

『竹下製菓』は滋賀県小城市に1894年(明治27年)に創業。

『竹下製菓』といえば、一番人気の“ブラックモンブラン”

誕生のきっかけについて見てみましょう。

この“ブラックモンブラン”は昭和44年に先々代の竹下小太郎さんが考案

そのきっかけは、竹下小太郎さんがアルプス山脈を訪れたときのこと。

その風景を目にし

「この真っ白い山にチョコレートをかけて食べたら、さぞ美味しいだろうな」

と思ったことがきっかけ。

このようなことを思いつくとは、先先代社長の発送は素晴らしいですね。

そしてこの“ブラックモンブラン”の名前には

“アルプスの最高峰モンブランのようにアイスクリームの最高峰を目指す”

という思いが込められていると言います。

ブラックモンブランの他にも

・ミルクセーキアイス“ミルクック”

・シマシマ模様のチョコバナナアイス“トラキチ君”

お菓子部門では

・九州銘菓“鶴の里”

・“やどり木”

・“ふわふわケーキ”

などが、あります。

どんな商品なのかや、他の商品は、ぜひ『竹下製菓』のHPでご覧になってくださいね。

『竹下製菓』をもっと詳しく!『竹下製菓』HP

竹下真由|竹下製菓 社長の『セブンルール』

では、最後に竹下真由さんの『セブンルール』をご紹介です。

1、工場では社員全員に声をかける

2、一人の「作りたい気持ち」を大事にする

3、副社長(夫)の顔は出さない

4、毎晩子どもに本を2冊読む

5、毎週月曜日はジャンプを買う

6、悩んだら仏壇の前へ

7、当たり棒はやめない



-セブンルール
-, ,

Copyright© いろいろ知りたいブログ☆ , 2021 All Rights Reserved.