その気になるコトアナタもきっと気になります!?

 気になるコト調べてみましたよ♪




ザ・ノンフィクション セブンルール プロフェッショナル マツコ会議 情熱大陸

鳥山真翔(美顔ボイトレ)の結婚や年齢、WIKIプロフィールと経歴に元ヤン!映画制作も気になる!【マツコ会議】

更新日:

鳥山真翔(とりやままなと)さんは美顔ボイストレーナーとして人気。

『マツコ会議』に出演します。

とてもイケメンな方ですね。

既に複数のメディアに出演されていますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

鳥山真翔さんがどんな方なのか調べていると、ボイストレーニングの動画がありました。

こんな風に声を出せるようになるといいですよね。

今回は鳥山真翔さんの結婚や年齢、もちろんWIKiプロフィールや、元ヤンという驚きの経歴などご紹介いたします。

鳥山真翔は結婚!相手は年下

鳥山真翔さんはイケメンなので女性の中には“いいなぁ”と思っている人も多いと思います。

ですが残念ながら、すでに結婚されていました

結婚されたのは2016年の12月24日

鳥山真翔さんは歌手としても活動していたのですが、その日も新宿駅でライブ。

その後に、相手にプロポーズしたと言います。

そして結婚披露宴は2017年11月19日。

300人の友人や知人を招き、行われました。

さて、気になるお相手ですが・・・

名前はグェンリ・アンコアさん。

年齢は26歳(2019年現在)

ベトナム出身のイラストレーター兼モデル。

実はお相手は女性でなくイケメンの男性です。

 出典:http://tori-bigan.hatenablog.com/entry/2017/11/20/224718

ということで、日本では正式に同性同士の結婚は認められていないため、結婚披露宴という形に。

2人は日本人とベトナム人ということで国際結婚となるということや、やはり同性婚ということで、かなり大変な時期があったそうですが、無事に結婚でき、良かったですね。

鳥山真翔の年齢やWIKIプロフィール

スポンサードリンク

鳥山真翔さんの年齢やWIKIプロフィールのご紹介です。

 出典:Twitter

鳥山真翔さんはこんな人

・名前 鳥山真翔

・生年月日 1989年9月5日

・出身地 不明

・職業 ボイストレーナー、ボイスセラピスト、『株式会社Switch Of Voice』 代表取締役

鳥山真翔さんの年齢は30歳(2019年現在)

鳥山真翔さんは幼少の頃にピアノを始めます。

また子役として映画やテレビに出演経験。

中学生までは優等生だったという鳥山真翔さん。

出身中学校は『練馬東中学校』。

高校に進むも、3ヶ月で退学。

出身高校の名前はわかりませんでした。

その後は“ガン黒”になって、“ギャルサー”の総代になり、益々、ヤンキーになってしまいます。

この頃はニートで悪いことばかりをしていたとか。

そんな自分を変えようと、知り合いもいない群馬県へ。

そこでギター1本で路上ライブをする日々。

やがて、路上ライブを見ていた人の紹介で音楽専門学校『ESP』へ。

『ESP』では有名な子役たちのボイストレーニングを依頼されることとなり、20歳には管理職に。

そのころにゴスペルクワイアを結成。

21歳に独立し、現在の株式会社Switch Of Voice』を立ち上げ、代表取締役に。

まさか元ヤンキーとか、ガングロだった時があったなんて想像もつきませんね。

鳥山真翔の経歴

スポンサードリンク

鳥山真翔さんの主な経歴のご紹介です。

主な経歴

・高校を3ヶ月で中退

・群馬県に移り、ギター1本で路上ライブ活動

・音楽専門学校『ESP』でボイストレーニングの指導として勤務

・20歳で管理職に

・同年に“ゴスペルクワイア”を結成

・21歳で独立。資本金50万円で現在の株式会社Switch Of Voice』を立ち上げ、代表取締役に

・2018年に約10年以上続けてきたソロ歌手の活動の無期限休止を発表

鳥山真翔さんはソロ歌手としても活動をしてきましたが無期限休止に。

その理由は

ボイスレーナーとして、もっとたくさんの人を救いたい。

そのためにもっと究極の存在となりたい」

そう考えたため。

歌手よりもボイストレーナーとしての才能を自分に感じたことも、ソロ歌手活動の無期限休止を決断した理由。

鳥山真翔さんは

「人の声が、呼吸が、色で見える」

という感覚があると言います。

そこから独自に“ボイスセラピー論”を確立

『美顔ボイストレーニング』や『ボイスメイク術(モテ声講座)』が話題となり、メディア出演や雑誌、講演活動など幅広く活躍しています。

ソロ歌手の活動は無期限休止ですが、ボイストレーニングやゴスペルクワイアの活動は継続しているとのこと。 T

witterに歌っている動画があったのでご紹介いたします。

もちろんですが、良い歌声ですよね。

いつかまたソロで歌手活動再開をして欲しいですね。

鳥山真翔は『株式会社Switch Of Voice』設立も一度挫折していた

スポンサードリンク

鳥山真翔さんは21歳で独立しますが、やはりはじめのうちはうまくいかなかったようです。

独立2年目には事業がうまくいかず、挫折

消費者金融でお金を借りる生活を。

そのころは家賃も払えないほどの状況であったといいます。

借金返済の督促電話が毎日かかってくるという日々。

食事は納豆ともやしでしのぎ、バイトを3〜4つ掛け持ちの生活

それでも事業は諦めず、進めて行きます。

そんな鳥山真翔さんをスタッフや歌手としてのファンや事業に協力してくれている人々がサポートしてくれたそうです。

「得ることよりも犠牲になることの数の方が多いのでは・・・

と錯覚しそうになりながらも、

ふと、深呼吸して、

周りを見渡せば、

一人だった頃の僕にか想像もできないような、

本当に皆様の愛と支えを感じます。

僕は、本当にラッキーだと思います。

というか、 なんでもラッキーと思えるくらい、

それまでが絶望だったのかもしれません。」

このように自身のブログで語っています。

鳥山真翔が映画『僕と、彼と、』作成中。2019年劇場公開予定

スポンサードリンク

鳥山真翔さんは、同性の方と結婚しましたが、同性婚に対してまだ国も人々の理解は厳しいものとなっています。

鳥山真翔さんとパートナーのことや結婚式までの約1年間の2人の軌跡のドキュメンタリー映画を作成中。

この映画はクラウドファンディングで資金を募り、撮影は終了しているとのこと。

2019年に劇場公開を目指しています。

劇中の音楽は鳥山真翔さんが担当。

また、劇中に出てくるイラストはパートナーのグェンリ・アンコアさんが担当しているそうです。

この映画を通じて、セクシャルマイノリティーやLGBTについて一人でも多くの人々が理解を示してくれることとなればいいですね。

鳥山真翔の『美顔ボイストレーニング』をマツコ会議で

スポンサードリンク

鳥山真翔さんの『美顔ボイストレーニング』を『マツコ会議』の放送内容がこちら。

“自分の声が嫌い”というデータがあるほど、悩んでいる方が多い『声』。 そこで今回は1万人以上が受講しているという人気のボイストレーニングスクールに潜入。プロのシンガーとしても活動するボイストレーナー・鳥山真翔さんの表情筋を使った発声法で明るく通る声になれると話題になっているのだとか。 早速グループレッスン中の教室へ入っていくと、「まめみもむ~」と発声する女性達が。 鳥山先生にレッスンの内容を聞くと、上唇を持ち上げて「マ行」を発声し、しっかりと声を持ち上げる訓練をしていたという。唇を必ず使う「マ行」を発声する時に下唇を動かしてしまうと、アゴが下がって声の音程が下がり、さらには顔が垂れ下がってしまう原因になるのだそう。マツコも早速実践すると「アタシ基本的にしゃべる時下唇が動くから、絶対無理だわ!」と。 参加している生徒さんにもお話を聞くと、以前は化粧品の研究に没頭し1日喋らない事もあったという30代の女性は、会社経営を始めてから人前に出る機会が増えたため、自己流で練習していたが声を潰してしまったという。声の印象が悪く、聞き返されることも多かったのが悩みでこのスクールに通い始めたそう。 マツコは「前に聞いた話だけど、みんな顔とかばかり気にするけど、実は人間の印象ってまず“声”なんだって。声でその人を認識したり、声で人の印象を感じ取るんだって。」と語り、一同納得。 また、鳥山先生いわく大人にも変声期があり、特に女性は更年期に向かって女性ホルモンが減り、声が低くなってくるという。するとマツコは「商店街のおばちゃんとかの話聞いてるとジジイ同士でしゃべってるみたいだもの。」と共感。さらに、フリーアナウンサーとして活動する50歳の女性も登場。果たして、声に悩む女性達は鳥山先生のボイストレーニングでどのような声に生まれ変われたのか!?

出典:マツコ会議公式HP

この番宣によると、大人にも変声期があるんですね。

確かにお年を召した女性で男性のような声の方っていらっしゃいますよね。

あと、マツコさんの「人間の印象ってまず“声”」ということに驚きです。

筆者は、自分の声があまり好きではないんですよね。

できれば変えたいくらいです。 ちょっと今回のオンエアはどんな内容なのか気になります。

スポンサードリンク

まとめ

鳥山真翔さんの経歴は、かなり波乱万丈でしたね。

幼少の頃から子役で順調に人生を歩んでい区のだろうと思いきや、まさかのヤンキーとは。

そんな自分を正そうと知人もいない土地へ単身で行ってしまうという行動力が凄いですね。

鳥 山真翔さんは“ラッキーだった”と語っていますが、目標を諦めず、周りに感謝し、何事も努力してきた結果だと思いました。

確かにラッキーな部分もあったと思いますが、それは鳥山真翔さんが正しい行動と努力をした結果なのではないでしょうか。

また、鳥山真翔さんが製作中の映画が気になりますね。

映画の公開が成功することを願いたいと思います。

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問いただきまして ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。

スポンサードリンク

-ザ・ノンフィクション, セブンルール, プロフェッショナル, マツコ会議, 情熱大陸
-, , ,

Copyright©  気になるコト調べてみましたよ♪ , 2019 All Rights Reserved.