鳥取県で軽トラ転落の場所や原因は?台風24号接近も車で仕事。豪雨で地盤が崩れたか?

台風・地震・自然災害

鳥取県で軽トラが農道から転落!

 

事故が起こったのは、台風24号が日本列島

に影響をもたらせていた30日の夜。

 

テレビやラジオなどでは不用不急の外出は避

け、屋内で身の安全の確保を、と呼びかけて

いたはずなのですが。

 

残念なことに、そのような状況でも外出して

しまう人がいるのが現実です。

スポンサードリンク

みなさんこんにちは☆

yo-mu-inkoです。

では早速、鳥取県琴浦町の軽トラ転落事故

みてみましょう。

鳥取県琴浦町で軽トラが崖に転落

鳥取県琴浦町で軽トラが農道から転落の報

道がこちら。

台風24号は西日本各地に爪痕を残した。鳥取県琴浦町では30日夜、2人が乗った軽トラックが農道から転落し、男性1人が死亡、1日朝に1人が救助された。一方、関西空港や京阪神地区の鉄道は1日朝、ほぼ通常の運用に戻り、利用客は安心した表情を見せた。

出典:朝日新聞デジタル

軽トラは、路面が崩落した農道から約50m

下に転落。

 

恐らく、今回の台風24号による雨やこれま

での台風での雨により、地面が水分を含みす

ぎていたため、農道が崩落したものと考えら

れます。

スポンサードリンク

事故の現場について

事故の起きた琴浦町倉坂ですが、地図になります。

琴浦町の主編を見てみると、農道のような細い道が。

道幅は2,7mということで、決して広くあり

ません。

 

恐らく台風の影響で、道路も滑りやすく、強

風に煽られたために、ハンドル操作を誤り、

農道へ転落したのかも知れません。

 

詳しい事故の状況は、捜査中です。

スポンサードリンク

軽トラに乗っていた2人の安否は?

事故が起きたのは30日の夜でしたが、やは

り台風の影響もあったためでしょうか、現場

での救出作業は10月1日の朝に行われまし

た。

 

農道から転落した軽トラから更に約20m下

で1人の男性を発見。

残念ながら亡くなっていました。

亡くなったのは、鳥取県倉吉市の会社員、

野田清孝さん50歳。

もう一人は、鳥取県湯梨浜町の会社員、

戸羽定行さん63歳。

この男性は意識があり、1日の朝に救助され

ました。

スポンサードリンク

台風の中、外出してしまったことが悔やまれる

今年に入り、台風に限らず、自然災害に見舞

われている日本。

 

残念ながら必ず1人は、外出をしないように、

田畑や川の様子を見に行かないように、と

あれだけ報道されても外出をし、命を落とす

人がいらっしゃいます。

 

今回事故にあった2人も仕事のために車で農

道を走っていました。

 

不用不急でなければ、外出しないようにと、

あれほど報道されていたのですが。

 

それでも外出しなければならないよう

な仕事だったのでしょうか。

 

事故に遭われたことが、本当に悔やまれてな

りません。

コメント