その気になるコトアナタもきっと気になります!?

 気になるコト調べてみましたよ♪




セブンルール

宇都宮聖花(運転士)年齢やWIKIプロフ(高校/経歴)動画!路線と場所も気になる!【セブンルール】

更新日:

宇都宮聖花さんはかわいい三陸鉄道の鉄道運転士

今回『セブンルール』に登場です。

宇都宮聖花さんの運転士デビューの動画もご紹介。

最近バスやトラック、タクシーの運転手など、今まで男性のイメージのあった職業で活躍する女性が多いですよね。

宇都宮聖花さんもその一人。

宇都宮聖花さんが鉄道の運転士に魅せられた理由はなんだったのでしょうか。

そして、宇都宮聖花さんが運転する『三陸鉄道』の路線や場所についてなど調べてみました。

宇都宮聖花が出演『セブンルール』の内容

宇都宮聖花さん出演『セブンルール』の内容はこちら。

 ◎岩手県沿岸部を走る三陸鉄道。NHKの朝ドラ『あまちゃん』で一躍脚光を浴び、交通機関が少ないこの地域の住民にとって欠かせない存在となっている。そんな三陸鉄道で、女性運転士として日々活躍しているのが、今回の主人公・宇都宮聖花(24)だ。  ◎岩手県宮古市で生まれ育った宇都宮。高校1年生の時、ふるさとである宮古市は、東日本大震災で甚大な被害を受けた。「当たり前に見慣れていた街並みが、跡形もなくなった。“悲しい"を通り越して涙も出なかった」と彼女は語る。“東京で運転士になる"という夢をかなえるために、高校卒業と同時に西武鉄道に入社し、駅員として働いていた。しかし、お盆に帰省した時に三陸鉄道に乗ったことで、故郷への想いが湧き上がる。そして震災から5年、2016年に三陸鉄道に転職。翌年、国家試験に合格し運転士となった。  ◎“復興のシンボル三陸鉄道の顔"として、メディアでも注目を集める宇都宮。そんな彼女の姿に、地元の人たちは温かい笑顔を向ける。「10両編成の電車を運転したかった」という夢を持ちながら、地元のために前を向いてレールの上を走り続ける彼女のセブンルールとは?

出典:セブンルール公式サイト

『東日本大震災』から早8年。

あの地震と津波の映像はいまでも恐怖を感じますね。

岩手県は、あの大地震と津波によっつて甚大な被害を受け、多くの人たちの命も奪いました。

いまだに復興途中と言います。

そんな中、明るいニュースも。

岩手県といえば、リアス式の三陸海岸。

そこを走っていた『三陸鉄道』も甚大な被害に遭いましたが、やっと鉄道が再開。

その三陸を走る電車の運転士こそ、今回『セブンルール』に登場の宇都宮聖花さん。

宇都宮聖花の年齢やWIKIプロフ

宇都宮聖花さんの年齢やWIKIプロフのご紹介です。

出典:マイナビ

宇都宮聖花さんはこんな人

・名前 宇都宮聖花

・生年月日 1995年(年齢より推測)

・出身地 岩手県宮古市

・資格 動力車操縦者運転免許

宇都宮聖花さんの年齢は24歳(2019年現在)

小中学校はどこに通っていたのか、情報はありませんでしたが、おそらく地元の學校でしょう。

最終学歴は『岩手県立宮古高等学校』。

宇都宮聖花さんは高校卒業して、すぐに就職しています。

宇都宮聖花が鉄道運転士のきっかけは?

スポンサードリンク

最近では、宇都宮聖花さんのような女鉄道運転士をよく見かけるようになりましたよね。

宇都宮聖花さんが鉄道運転士になった理由について調べて見ました。

宇都宮聖花さんの場合は幼い頃まで遡ります。

宇都宮聖花さんはもともと鉄道ファンだったようです。

幼いながらも三陸鉄道の初代女性運転士の佐々木広美さんにも憧れていました。

また、幼い頃には祖父母と一緒に三陸鉄道に乗り、鉄道から眺めるリアス式海岸の景色に感動したことも女性鉄道運転士を目指した理由です。

宇都宮聖花の運転士デビュー(動画)がかわいい

宇都宮聖花さんは数少ない女性の鉄道運転士。

そのことや、東北の大震災後で甚大な被害にあった『三陸鉄道』の運転士ということで、取材を受けていました。

その時の動画をご紹介いたしましょう。

ではご覧ください。

いかがでしたか?

この日がデビューだと感じさせないほどの落ち着きようですね。

かわいい方なのですが、こうしたキリッとした表情も素敵ですね。

宇都宮聖花の経歴

次に宇都宮聖花さんの経歴をご紹介いたしましょう。

主な経歴

・『岩手県立宮古高等学校』卒業

・『西武鉄道』入社

・約3年後『西武鉄道』退職

・2016年4月 『三陸鉄道』入社

・2017年6月 鉄道運転士の国家試験に合格

宇都宮聖花さんは、高校を卒業と同時に『西武鉄道』に入社。

西武新宿駅や高田馬場駅で駅員として勤務。

そんな中、故郷でもある岩手の『三陸鉄道』が運転士の募集をしていることを知り、転職を決意。

それはちょうどあの“東日本大震災”から5年が過ぎた頃でした。

運転士になりたい、という気持ちと

“故郷のため、復興の手助けがしたい”

その強い思いが、転職を決意させました。

そして2016年4月に『三陸鉄道』に転職。

その後、2017年6月に鉄道運転士の国家試験に合格し。

同年10月に『三陸鉄道』の社内試験に合格。

10月14日には女性位運転士としてデビュー。

晴れて運転士となりました。

宇都宮聖花が担当の路線や場所は?

スポンサードリンク

宇都宮聖花さんが運転する電車に乗ってみたいですよね?

路線や場所はどこなのでしょう。

路線は三陸鉄道の北リアス線

 

出典:http://gazoo.com/

駅でいうと宮古駅〜久慈駅区間になります。

いま現在は、この路線の電車の運転と言われています。

勤務時間や曜日は、固定という訳にはいかないでしょうから、もしも、宇都宮聖花さんに出会えたら、ラッキーですね。

宇都宮聖花さんはきっと、リアス式海岸を走る度に幼い頃に祖父母と見た景色を思い出しているのでしょうね。

この路線は2019年3月23日・24日に“リアス戦”として前線開通するということ。

それを記念して記念運行が予定されています。

・日時

2019年3月23日(土)

・運行区間

盛岡駅8:05発→久慈駅9:30着

ただし、一般の乗車はできないとのこと。

また、通常運行は3月24日(日)からです。

きっと記念運行や通常運行初日の運転士には宇都宮聖花さんが抜擢されるのではないでしょうか。

きっと、ニュースでも報じられると思いますので、宇都宮聖花さんが鉄道運転士として活躍している姿を見ることができるかもしれませんね。

スポンサードリンク

-セブンルール
-, , ,

Copyright©  気になるコト調べてみましたよ♪ , 2019 All Rights Reserved.