その気になるコトアナタもきっと気になります!?

 気になるコト調べてみましたよ♪




Rの法則 アニメ映画 テレビ バラエティー

山田康雄(ルパン)死因(病気)や息子は現在は?年齢やWIKIプロフィール、遺言の内容は?

投稿日:

出典:http://www.twipu.com/tag/山田康雄

山田康雄さんは『ルパン三世』の初代ルパンの声優ですね。

今回『ルパン三世 ルパンvs複製人間』が放送。

この作品は『ルパン三世』の劇場版第1作で、ルパンの声は山田康雄さん。

現在は、ルパンといえば、ものまね芸人の栗田貫一さんというイメージが強いのではないでしょうか?

もしかすると、栗田貫一さんのルパンは2代目で、初代のルパンが存在することを知らない人いもるかも知れませんね。

今回は初代、本家のルパンの声優、山田康雄さんをご紹介です。

山田康雄のルパン、劇場版『ルパンvs複製人間』の内容

スポンサードリンク

山田康雄さんのルパンが活躍の劇場版『ルパンvs複製人間』の内容がこちら。

一人の男が処刑された。その男がルパン三世であることは、鑑識の結果確実だったが、当然銭形が信じるはずがない。銭形はルパンが埋葬されているドラキュラ城へと赴き、そこでルパンの生存を確認する。銭形はルパンを捕まえようとするが逃げられてしまう。
ルパンはエジプトでピラミッドから「石」を盗み出した。それは不二子の依頼だったが、不二子もまたマモーなる人物に依頼されていた。その石は人間に永遠の生命を与えるとの言い伝えがある「賢者の石」と呼ばれるものだった。マモーはルパンを使って不老不死に関する品物を集めていた。しかし、ルパンは偽物を渡したため、マモーに狙われる。
不二子はマモーの手を逃れてルパンの前に現れ助けを乞うが、次元と五ェ門は不二子の密告によって痛い目に遭っていたため不二子を許さない。不二子をかばうルパンに愛想をつかした二人は、ルパンのもとを去ってしまう。ルパンと不二子は2人だけの一夜を過ごすことになったが、不二子はまたもルパンを欺き、麻酔薬で眠らせてマモーの部下に引き渡した。

捕らえられたルパンは、マモーの島でナポレオンやヒトラーなどの歴史に大きな影響を与えた人物らしき人々に出会う。彼らはマモーのクローン技術によって複製された人々だった。マモー自身も1万年前から自己を複製し続けてきた複製人間(クローン)、永遠の命を得た「神」だと自称するが、ルパンは信じない。そこに助けに来た次元の手によりマモーは射殺され、ルパンたちは逃げ出すことに成功する。
コロンビアの田舎町にあるホテルへやってきたルパン一行だったが、そこへ死んだはずのマモーが現れ不二子を連れ去り、直後ルパンの挑発に答えるかのごとく地震が発生する。ルパンはマモーの力に心が折れてしまった次元の制止を振り切り、単身マモーの本拠地に乗り込み、ついに「自称神」マモーとの決闘を迎える。

出典:Wikipedia

この作品も『カリオストロの城』同様、テレビでよく放送されていますが、この中に出てくる、ルパンの最強の敵・マモーの容姿がなんともキミ悪くて、この作品は苦手なんですよね。

と言いつつ、観ていましたが。

映画版ということもあるのでしょうけれど、『ルパン三世』の物語の中でも話題となった作品の一つですね。

栗田貫一はルパン声優で現在は病気は本当か?

出典:はちま起稿 山田康雄さんから栗田貫一さんがルパンの声を引き継いで、すっかりルパンの声は栗田貫一さんのイメージですね。 今回、ルパン三世の劇場版『ルパン三世 ルパンvs複製人間』がテレビで放映。 ...

続きを見る

山田康雄の死因(病気)について

スポンサードリンク

山田康雄さんが亡くなったのは1995年3月19日

死因は“脳出血でした。

しかし、山田康雄さんの体調不良は1990年頃から始まっていました。

亡くなる前の1993年頃から、体調不良を訴えることが多くなります。

その頃“カリウム欠乏症”を患っていたのです。

この病気のために歩くことがままならなくなりました。

アフレコの頃には、途中から椅子に座りこなしていた状態。

1995年2月17日に“脳出血”で倒れ、緊急入院。

意識不明に。

そして1995年3月19日に永眠。

山田康雄さんが亡くなった翌日にあの“地下鉄サリン事件”が起こり、メディアや人々の注目はその事件に。

山田康雄さんの訃報を亡くなった数日後に知ったファンも少なくなかったようです。

山田康雄の年齢やWIKIプロフィール

スポンサードリンク

山田康雄さんの年齢やWIKIプロフィールのご紹介です。

山田康雄さんはこんな人

 

・名前 山田康雄

・愛称 ヤスベエ

・生年月日 1932年9月10日

・没日 1995年3月19日

・出身地 東京都東京市大森区(現:東京都大田区)南雪谷

山田康雄さんの享年は62歳

役人の家系で父親は「日本銀行」に務めていましたが、3歳の時に亡くなります。

幼少の頃から映画が好きで、外国のコメディ映画『虹を掴む男』を観たことでコメディ俳優を目指しますが、大学に進学しています。

大学は『早稲田大学』文学部英文科へ。

1953年に難関の『劇団民藝』に合格し、大学を中退し入団も、コメディをさせてもらえる機会がなく、1年ほどで辞めてしまいます。

その後はフリーに。

1958年に『劇団テアトル・エコー』に入団。

同年にヒッチコックの劇場の吹き替えに携わり、この頃から役者と吹き替えを兼任。

1959年に海外テレビドラマ『ローハイド』で主役のクリント・イーストウッドさんの吹き替えに。

『劇団テアトル・エコー』では看板俳優として活躍します。

その後、1971年から役23年もの間、『ルパン三世』のルパン役をこなしました。

山田康雄は声優を軽視していた

スポンサードリンク

山田康雄さんは声優というイメージが強うですが、本当は先ほどご紹介の通り人を楽しませるようなコメディアンを目指していました。

むしろ、声優のことを軽視していた時期があったといいます。

それがどうして、名優と呼ばれれる声優になったのか。

それは劇団員時代のこと。海外ドラマの吹き替えの仕事が舞い込みます。

この仕事に対し、山田康雄さんは

「口の動きに合わせて日本ごを喋ればいいだけだ」

と簡単に考えていました。

しかし、本番前のテストで

「君の芝居は吹き替えに合わない」

と、降板させられます。

きっと声優は声だけの演技で、体や表情を作らなくてもいい、簡単だ、と考えていたのかも知れません。

なのに、降板させられ、ショックだったのでしょう。

この出来事をきっかけに、吹き替え(声優)というものの見方が変わり、

「吹き替えも役者の演技」

と考えを改め、芝居の稽古に専念。

やがて山田康雄さんの代表作となるクリント・イーストウッドさんの吹き替えが舞い込みます。

出典:https://sabage-archive.com/blog/archives/12798

以来、山田康雄さんといえば、クリント・イーストウッドさんといわれるように。

山田康雄の『ルパン三世』のルパン役は偶然ではなく、必然だった!

スポンサードリンク

山田康雄さんといえば、クリント・イーストウッドさんの吹き替え、というイメージも強いですが、やはり『ルパン三世』のルパンですよね。

山田康雄さんがルパンの声優に抜擢されたきっかけは、偶然ではなく必然でした。

山田康雄さんが舞台のや役作りに悩んでいた頃に、知り合いから『ルパン三世』の漫画をすすめられます。

それを読んだ山田康雄さんは、『ルパン三世』のファンに。

好きすぎて、ルパンの仕草など演技にも取り入れるように。

その頃、『ルパン三世』のテレビシリーズの声優を探していたおおすみ正秋さんが、山田康雄さんの舞台を鑑賞。

おおすみ正秋さんは

「ルパンがここにいる!」

と衝撃を受け、舞台終了後に、山田康雄さんにルパンの声優のオファーを。

もちろん山田康雄さんは快諾。

そして山田康雄さんのルパンが誕生します。

おおすみ正秋さんにルパンを彷彿とさせる山田康雄さんの演技とはどんなものだったのでしょうね。

観てみたかったですね。

山田康雄の家族、嫁や子供について

スポンサードリンク

山田康雄さんの家族、嫁や子供について。

奥様の名前は紀美子さん。

子供は2人で長女・夏織さん、長男・浩康さん。

奥様・紀美子さんと長女・夏織さんについての詳細はわかりませんでしたが、長男・浩康さんの職業はわかりました。

長男・浩康さんは、演芸作家に就いているそうです。

また、声がルパンの声によく似ており、栗田貫一さんがコツを教え、ルパンの声をやってもらおうとしたほど。

という子は、顔も似ているのでしょうか?

山田康雄は遺書を残していた。葬儀で納谷悟朗の弔辞が哀しみを誘う

スポンサードリンク

山田康雄さんの死後、遺書が発見されています。

日付けなど記載はないそうです。

アリガトウ。

ハヤイ ハナシガ イショ

素敵な人生だったよ。

紀美子がいて、夏織がいて、浩康がいて、ポケがいて

・・・・・・やっぱり紀美子がいて・・・・・・

ありがとう

山田康雄

ポケは愛犬の名前だそうです。

それぞれに感謝の思いを綴った短い遺書。

山田康雄さんの家族に対する感謝と愛情に溢れていますね。

“やっぱり紀美子がいて・・・・・・”

という文章を目にした時の奥様の気持ちを考えると胸が張り裂けそうに悲しいすね。

とても素敵なご夫婦であり後家族だったのでしょう。

また、山田康雄さんの葬儀で納谷悟朗さんが読んだ弔辞が悲しみを誘いました。

納谷悟朗さんは銭形警部役

「おい、ルパン!

これから俺は誰を追い続ければいいだ。

ルパン、お前が死んだら俺は誰を追いかけりゃいいんだ!」

と、涙ながらに山田康雄さんの遺影に向かい呼びかけました。

山田康雄さんは生前

「ルパンは銭形がいて初めて成立するキャラ」

と語っていたように、納谷悟朗さんも

「銭形はルパンがいて初めて成立するキャラ」

と同じ心境だったでしょう。

なお、銭形警部役の納谷悟朗さんは2013年3月5日に慢性呼吸不全で亡くなっています。

享年83歳でした。

まとめ

スポンサードリンク

現在ではルパンの声は栗田貫一さんの声が普通になってしまいましたが、慣れるまでには時間がかかりましたね。

やっぱりルパンの声は山田康雄さんだな、と思っていました。

栗田貫一さんもその辺りはかなり大変な思いをされたそうです。

ルパンの声が山田康雄さんから栗田貫一さんに代わってもう24年も経っています。

山田康雄さんの声のルパンを見て、違和感を感じる人もいるかも知れませんね。

また、他のキャラクターも一部の声優さんが代わっていますからね。

個人的に峰不二子の声はやっぱり初代の沢城みゆきさんがいいですね。

たまには山田康雄さんの『ルパン三世』を観るのも良いですね。

では、今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問頂きまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。

スポンサードリンク

-Rの法則, アニメ映画, テレビ, バラエティー
-,

Copyright©  気になるコト調べてみましたよ♪ , 2019 All Rights Reserved.